記事

ファーウェイは「詐欺」企業、欧州は米の主張理解=国務省高官

[バルセロナ 26日 ロイター] - 米国務省のロバート・ストレイヤー次官補代理(サイバー・国際通信情報政策担当)は26日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の製品にサイバー防御リスクがあるとの米国の主張を欧州側は理解しているとの認識を示した。

次官補代理は世界最大級のモバイル見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で、「中国の技術に絡むセキュリティー・リスクについては、われわれの主張が理解されている。米国と協力関係にある国々の政府に対し、将来のインフラに危機感を持つよう、うまく説得できている」と語った。

ファーウェイについては、対イラン制裁違反や知的財産権窃取の疑いがあり「同社がだましや詐欺を行ってきたことは周知の通りだ」とした。

あわせて読みたい

「HUAWEI(ファーウェイ)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  3. 3

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  4. 4

    英軍の靖国参拝めぐる右派の誤解

    清 義明

  5. 5

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  6. 6

    前環境相「真意伝わっていない」

    原田義昭

  7. 7

    千葉のゴルフ場を悪者にする謎

    かさこ

  8. 8

    韓国政府の日本語サイトに苦言

    AbemaTIMES

  9. 9

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

  10. 10

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。