記事

ニュース番組名をまたも変更 フジテレビ改革は吉か凶か

【春から報道番組を刷新するフジテレビ】

 わずか1年で、番組名もキャスター陣も変更となるのか。昨春、フジテレビは報道番組を『プライムニュース』という名称に統一したが、4月からは新統一ブランド『Live News』に変更される。夕方のニュース枠にはフリーのカトパンこと加藤綾子アナの起用が発表され、夜のニュース枠にはミタパンこと三田友梨佳アナが就任する。

 夜のニュース枠は、亀山千広・前社長時代の2015年3月に21年間続いた『ニュースJAPAN』が幕を閉じ、『あしたのニュース』が始まった。しかし、わずか1年で終了すると2016年4月から『ユアタイム』、宮内正喜社長に変わった直後の2017年10月から『THE NEWS α』、2018年4月から『FNNプライムニュース α』とめまぐるしく変わっている。そして今年4月からは『Live News α』(月~木曜23時40分~、金曜24時10分~)となり、実に4年で5度目の変更になる。テレビ局関係者が話す。

「ニュースや情報系の帯番組は定着するまで時間がかかる。フジが早朝に『めざましテレビ』を始めた頃、日本テレビの『ズームイン!朝!!』が圧倒的に強く、『めざましテレビ』の視聴率は3%程度でした。そこから同時間帯で1位になるまで約10年かかっている。そういう経験があるのに、頻繁にニュース枠の改革に取り組んでいる。正直、今のフジはすぐに結果を求め過ぎており、変更するたび既存の視聴者が離れていくという悪循環に陥っています」(以下同)

 遡れば、ここ数年のフジの改革は大きな効果をあげているとは言いにくい。亀山前社長時代の2014年に『笑っていいとも!』が終了し、2015年にニュース番組の大型変更があった。2016年には『すぽると!』もなくなり、『プロ野球ニュース』時代から長らく続いた夜のスポーツ番組枠が消滅した。

「その前から不振が続いていたので、変えたくなる気持ちはわかります。フジは1980年代前半に『スター千一夜』『小川宏ショー』などの長寿番組を辞め、改革を断行した。その後、“楽しくなければテレビじゃない”のキャッチフレーズとともに『笑っていいとも!』『オレたちひょうきん族』『なるほど!ザ・ワールド』などのヒット番組が生まれていき、1982年にフジテレビは視聴率三冠王(全日帯、ゴールデン帯、プライム帯)を取った。亀山前社長には、あの改革が頭にあったのではないでしょうか」

 しかし、結果的に不発に終わり、亀山氏も社長を退任した。2017年6月、新たに宮内正喜氏が社長に就任。2018年3月限りで『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ×2イケてるッ!』という長寿番組を終了させるなど、改革を進めた。だが、後続の番組はヒットしていない。宮内社長が着手した報道番組改革も1年で大幅変更となる。

「状況がよくない時に社長になったため、何かを変えないといけないという使命にかられているのでしょう。はたしてそれが功を奏するかどうか」

 夜のニュース枠のキャスターに就任する三田友梨佳アナは2011年入社で、早朝の『めざにゅ~』『めざましてテレビ』を経て、2015年からは午後帯の『直撃LIVE グッディ!』というワイドショーを担当。本格的なニュース番組は初めての挑戦となる。

「三田アナの起用自体は期待できると思います。もともと、主婦層の見る午後帯のワイドショーよりも、ビジネスマンの見る夜のニュースのほうが合っていたという評価もあります。『グッディ!』で安藤優子キャスターと一緒に仕事をしたことで、勉強になったことも沢山あったでしょう。

 あとは、夜のスポーツニュース枠がいつ復活するかに注目したい。フジは『プロ野球ニュース』から中井美穂アナ、『すぽると!』から内田恭子アナや平井理央アナなどの人気女子アナを輩出。人気女子アナが生まれることで、局全体の好調に繋がっていった。現在、宮司愛海アナが週末にスポーツニュース『S-PARK』を担当していますが、これを平日にも放送するという選択肢もあると思います。彼女はフジを背負って立つ可能性のある有望なアナウンサー。月曜から金曜まで毎日出れば、ビジネスマンからの人気も高まる。今、地上波の民放で平日に30分以上のスポーツニュース番組はないので、需要を独り占めできると思います」

 背水の陣のフジテレビ。不振から脱出できるか。

あわせて読みたい

「フジテレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  2. 2

    倉持由香 給付金100万円受け取り

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    AppleMusic停止 異例の抗議行動

    跡部 徹

  4. 4

    都の方針に歌舞伎町経営者が怒り

    BLOGOS編集部

  5. 5

    きゃりー父「投稿に責任を持て」

    文春オンライン

  6. 6

    神の業? コロナ直面のイスラム教

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナで着目すべき「血液凝固」

    大隅典子

  8. 8

    ユニクロ参入でマスクバブル終焉

    NEWSポストセブン

  9. 9

    アパレル倒産 コロナ前から兆候

    南充浩

  10. 10

    暗号資産に麻生節「名称が悪い」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。