記事

桜田大臣の遅刻問題、「2分遅刻、5時間の空転」で“無駄に浪費”された税金の金額とその是非

1/2

「もう1分以上過ぎてますよ。ダメダメ、桜田大臣なにやってるんだよ。ちょっと1回戻って」

 先週21日、桜田義孝五輪担当大臣が衆議院予算委員会に2分遅れたことに対して、野党・立憲民主党の逢坂誠二政調会長をはじめとする議員が猛反発。さらに逢坂氏が野党議員の一時退席を促したことで、審議は5時間の中断を余儀なくされた。

 「答弁内容とかいろんなことを大臣室で協議していて遅くなりました。(今後は)今まで以上に気をつけて約束10分前とか5分前とか決めて、しっかりとした時間管理をしていきたい」と遅刻の理由と反省の弁を述べた桜田氏に対しては、「子どもの言い訳」など厳しい批判が集まっている。その一方、2分の遅刻で5時間の空転を生んだ野党の対応についても疑問の声があがっている。

 この件について、24日に放送された「Abema的ニュースショー」に出演した元衆議院議員の金子恵美氏(40)は「遅刻自体はもちろんいけないこと」としながらも「私も政務官を経験していますが、大臣や副大臣が答弁をするときは、事前に官僚と答弁のやり取りについての準備がある。

 これだけ桜田氏が注目されている時であることを考えると、新たな火種を作ってしまった官僚というか秘書官、省のマネジメントに問題があった」と政務官としての経験を踏まえて持論を展開すると「そこでしか存在意義を示せない野党もいかがなものか」と話し、揚げ足取りで5時間の審議中断を招いた野党の姿勢についても疑問視した。

 金子氏の意見に同調する形で野党の対応を批判したのは、東京大学大学院卒業で元日経新聞記者の鈴木涼美氏(35)。鈴木氏は「野党が審議内容について5時間引っ張るのであれば理解できるが、その実力が今の野党には無いこと、そこしか取る揚げ足がないことの方が問題」と続くと、「声を上げていた立憲民政党の逢坂さんは、民主党政権時には総務省の政務官だった方。

 記者時代、総務省の記者クラブにいたので個人的に知っているが、とても意識の高い素敵な政治家だと思っていた。逢坂さんの声を久しぶりに聞いたのが遅刻の件になってしまったのは残念だ」と話し、「もっと話すべきこと、話せることはある」と今回の逢坂氏の言動に対する失望と今後に向けた期待を明かした。

あわせて読みたい

「桜田義孝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国は歴史観とズレる事実を排除

    舛添要一

  2. 2

    「ネトウヨ」批判に逃げる知識人

    篠田 英朗

  3. 3

    橋下氏 百田氏の方が反日本人的

    橋下徹

  4. 4

    謝罪なく逃走の津田大介氏に呆れ

    やまもといちろう

  5. 5

    お台場水質汚染 背景に汚水放流

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    日本は韓国に知的な手助けをせよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    韓国で人気「反日は迷信」謳う本

    NEWSポストセブン

  8. 8

    権力迎合で安泰 NHKの存在に疑問

    ビデオニュース・ドットコム

  9. 9

    日韓は報復でなく大人の対応せよ

    小宮山洋子

  10. 10

    常磐道あおり運転 容疑者を逮捕

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。