記事

人とのつながりで、薬物依存症から回復へ

1/2

「薬物依存症」に対して、皆さんはどんなイメージを持っているでしょうか。「薬物=違法なもの」というイメージが強いかもしれませんが、決して違法薬物に限った話ではなく、向精神薬(精神安定剤・睡眠薬など)や市販薬(風邪薬・鎮痛剤)なども含まれます。様々な偏見と闘いながら、回復を目指し、毎日を必死に生きる人たちがいます。京都にある薬物依存症回復支援施設を運営するNPOを取材しました。(JAMMIN=山本 めぐみ)

薬物依存症の人の回復をサポート

「京都ダルク」施設利用者によるミーティング。月曜日から土曜日の間に1日2回、午前と午後に1時間ずつ行われる

京都市にある薬物依存症回復支援施設を運営する認定NPO法人「京都DARC(ダルク、以下『京都ダルク』)。ここでは、薬物依存症によって居場所をなくした人たちが安心して生活できる居場所を作り、薬物を使わずに生きていく手助けをしています。

「ただ断薬するならば、刑務所へ入れば物理的には薬は止められる。しかし物理的なアプローチだけではだめで、自分の欠点や悪いところを認め、薬を使う理由を突き止めなければ薬は止められない。自分自身の弱さを認めるところからがスタート」。薬物依存からの回復の難しさをそう語るのは、施設長の出原さん。自身も過去に薬物使用により逮捕され、完全断薬に至るまで、自己嫌悪に陥った空白の8年間があったといいます。

京都ダルクのスタッフは、その多くが過去にダルクで人生を変え、薬物依存症から回復した人たち。「今はつらくても、回復した仲間の姿が『人は変わることができるんだ』という希望になれば」と出原さんはいいます。

回復プログラムの要は「ミーティング」

ミーティングで利用するハンドブック。最初に参加者が順番にハンドブックを読み、ミーティングを進めていく

薬物依存症からの回復プログラムの中で最も大切にされているのが、当事者たちによるミーティング。京都ダルクでは、月曜日〜土曜日の週6日、午前・午後の1日2回に分けて実施しています。

私が取材に訪れた日は、午後からのミーティングを見学させてもらいました。14時からのスタートにあわせ、回復プログラムを受講中の利用者の方たちが一人、また一人と席に着きます。

この日は8名が参加。堅苦しい雰囲気は一切なく、皆さんマグカップなどを片手に、リラックスした雰囲気です。利用者の方があれこれと気遣ってくださり、私もすぐにその場に打ち解けることができました。

いざミーティングがスタート。プログラムに沿うかたちで、一人ひとりが発言します。

当事者Aさん:
「覚せい剤をやって捕まるなんて、世間からしたら本当にクソみたいな人生。だけど、そこに手を出してしまった。やっているときは楽しくても、その後には虚しさと後悔しか残らない。それでもどこかでやりたいという衝動にかられる自分がいる。でも、やったってまた後悔することはわかっている。毎日が闘い」

当事者Bさん:
「ここのところ薬物に対して以前のような衝動や執着は少なくなり、以前に比べてなんとなく日々が過ぎている。薬物には手を出していないが、今一度自分の目標や、モチベーションを確認したい。『自分にはできる』と信じて1日1日をやっていきたい」

当事者Cさん:
「引きこもりになり、精神薬が手放せなくなった。こんな自分でいてはいけない。少しずつ社会に出て、社会と関わる方法を見つけていきたい」

一人ひとりが話している間、他の方たちは黙って話を聞きます。

「それぞれが思ったことを話すグループミーティングは、反論も異論もなし、言いっぱなし、聞きっぱなしが基本。薬物は一人では止められない。安心して自分のことをさらけ出すことができる場を作り、それを重ねることで、生き方への考えが変わっていく」と語るのは、京都ダルクスタッフの石原雅子(いしはら・まさこ)さん。「病院や刑務所では、根本的な回復はできない。施設の中で、仲間と一緒にやっていくことが大切」と仲間の存在の大切さを語ります。

回復を目指すために必要なのは「本人の意志」

自由時間は、利用者がそれぞれ思い思いに過ごす。高校受験を予定している利用者と数学の問題を解くスタッフの石原さん

「薬物依存症は病気。何らかの治療をしないと、生きていくことはできない」と話すのは、京都ダルク施設長の出原さん。「ダルクは、薬物依存症によって行き場を失った方たちの最後の砦のような場所」と語ります。

「『止められるものなら止めたい』と本人も思っているが、人生から薬を抜いてしまうと、やることがなくなったように感じてしまう。日常に薬がないと、楽しいことも何もないように感じてしまう。僕自身もそうでした」と自身の過去を振り返ります。

お昼ご飯は毎日その日にメニューをみんなで決定し、買い物から調理、後片付けまでを分担する。「ダルク卒業後の自立生活に向けてのプログラムの一つです」(出原さん)

「体から薬が抜け切った後も、『何かあれば使おう』という気持ちがどこかにある。『余命宣告されたら使おう』とか『家族から一人残されたら使おう』みたいな気持ちですね。どこまでいっても、心のどこかで『使いたい』という気持ちは消えない。薬物依存症の人は、そこと一生をかけて向き合っていく必要があります」

「外部の人間が何を言っても、そこに本人の意志がなければ何も変わらない。一人ひとりの意志が何より大切で、そこを尊重しています。しかし、意識が変わるタイミングは一人ひとり異なる。前に進まない人を見て時に歯がゆく思うこともありますが、その人にとって本当の意味での回復はどこから始まるかわからない。適度な距離を保ちながら見守っています」

あわせて読みたい

「薬物問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    矢沢永吉に苦情 不謹慎探す社会

    常見陽平

  3. 3

    張本氏の放言を許さぬ風潮に疑問

    中川 淳一郎

  4. 4

    萌えキャラで献血PRは問題あるか

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    荒れた日韓関係と無縁のラグビー

    新潮社フォーサイト

  6. 6

    河野氏 荒川氾濫なら500万人影響

    河野太郎

  7. 7

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  8. 8

    体に悪い? 意外なファストフード

    諌山裕

  9. 9

    高尾山の台風被害 迷惑登山客も

    清水駿貴

  10. 10

    イジメ教師 後輩に性行為強要か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。