記事

なぜサウジアラビアは中国に急接近するか-背に腹はかえられない3つの理由

1/2
・サウジアラビアが中国に急接近したことは、海外進出でのトラブルやアメリカとの貿易戦争に直面する中国にとって、渡りに舟である

・しかし、サウジのアプローチは、単に中国の足元を見たものではなく、サウジ自身にも必要なものだった

・中国とサウジアラビアの接近は、ユーラシア一帯の安全保障に大きな影響を及ぼす

 日本メディアではしばしば、中国が主導する「一帯一路」構想が相手国の反発を招き、順調に進んでいないという見解が示されるが、コトはそれほど単純ではない。アラブの盟主サウジアラビアは中国に急接近しており、両国の関係強化はユーラシア一帯だけでなくアメリカの政策にも影響を及ぼす。

サウジと中国の急接近

 日本の国際ニュースではあまり取り上げられなかったが、サウジアラビアの事実上の最高権力者ムハンマド皇太子が先週、アジア3カ国を歴訪し、パキスタン、インド、中国を訪問した。

 このうちパキスタンとインドでは、両国の間で緊張が高まるカシミール地方での衝突が激化しないよう働きかけたが、22日に訪れた中国では、経済関係の強化が主なテーマになった。

 報道によると、ムハンマド皇太子が掲げている、サウジを2030年までに近代化する国家目標「ビジョン2030」と中国の「一帯一路」をリンクさせることに両者が合意した。そのなかには、サウジアラビア最大の国営石油企業サウジアラムコに、精油所建設などで中国が100億ドルの投資を行うことなどが含まれる。

サウジアラビア皇太子の「裏切り」とは何か―宗教的であって宗教的でない中東二大陣営

 世界屈指の産油国サウジアラビアにとって、中国はもはやアメリカ以上の顧客だ。ところが、「一帯一路」への参加を中国がしばしば要請してきたものの、サウジ政府はこれに微温的な反応を保ってきた。

2017年5月、北京で開催された「一帯一路」国際会議に、ロシアのプーチン大統領やトルコのエルドアン大統領が出席した一方、サウジアラビアからはムハンマド皇太子ではなく、ハリド・アル・ファリフエネルギー産業鉱物資源大臣の出席にとどまったことは、その象徴だ。

 サウジはアラブの盟主を自認しているばかりか、冷戦時代からアメリカの同盟国である。そのサウジにとって、自分のナワバリを含む経済圏の構想を、しかも中国に打ち出されることが面白いものでなかったことは、想像に難くない。

ムハンマド皇太子の政治的嗅覚

 その状況から一転して、サウジアラビアと急接近できたことは、中国からみて歓迎すべきことだ。

 トランプ政権との貿易戦争に直面する中国にとって、リスクヘッジの必要は増している。

 そればかりか、中国は「一帯一路」の立て直しに迫られている。モルディブなど「一帯一路」の沿線にある各国で、中国との太いパイプを築いた独裁的な政府が政変で崩壊するケースも生まれている。そのなかで、アラブの盟主と関係を強化できれば、中東一帯への進出にも弾みがつく。

「楽園」モルディブの騒乱―中国、インド、サウジの「インド洋三国志」と小国の「産みの苦しみ」

モルディブ大統領選挙での親中派現職の敗北―それでも中国の「楽園」進出は止まらない

 その意味で、ムハンマド皇太子の政治的嗅覚は確かといえる。

 ただし、今回の関係強化は、単に中国が足元をみられたわけではなく、サウジアラビアにとっても必要なことだった。そこには、主に3つの理由がある。

 第一に、国際的な孤立を避けることだ。昨年10月に発生した、サウジアラビア人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏の殺害事件後、サウジは国際的な非難にさらされてきた。特に、表現の自由や人権を重視する欧米諸国からの批判は強く、その世論に押されて同月にサウジで開催された国際投資会議では、欧米企業の経営陣の欠席が相次いだ。

 こうした背景のもと、欧米諸国ほどこの問題に熱心でないアジア諸国にサウジアラビアが目を向けたことは不思議ではない。この状況は、天安門事件(1989)の後、西側先進国から経済制裁を敷かれ、国際的な孤立に直面した中国が(国連で多数派を占める)開発途上国との関係強化に向かったことに近いといえる。

 とりわけ、「一帯一路」を活性化したい中国と接近することは、サウジにとって、欧米諸国からの投資の減少を補う効果を期待できる点でも重要とみられる。

あわせて読みたい

「サウジアラビア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    店員の言葉を疑ってかかる時代に

    Chikirin

  2. 2

    消費税廃止を 山本太郎氏の叫び

    田中龍作

  3. 3

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

  4. 4

    麻生氏の質高い答弁を伝えぬ報道

    青山まさゆき

  5. 5

    丸山氏 国後島で「女買いたい」

    文春オンライン

  6. 6

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    働き方改革で仕事減 局アナ退社

    BLOGOS編集部

  8. 8

    SEX未経験者が増加 要因に低収入

    文春オンライン

  9. 9

    ナカイの窓終了は商標トラブルか

    NEWSポストセブン

  10. 10

    小室さん「8割超が応援」の衝撃

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。