記事

安藤優子「他意なかった」池江璃花子への発言炎上で降板危機

1/2

「今回の安藤キャスターの池江選手への配慮に欠けた発言に対して、局には謝罪や訂正を求める電話やメールが相次ぎました。クレームはふだんの3~4倍で、社内でも目立っていました」(フジ関係者)

フジテレビの顔・安藤優子(60)が放った、競泳・池江璃花子選手(18)に対しての発言が物議をかもしている。問題の発言があったのは、2月12日放送の『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)の生放送中。白血病を発症した池江選手に対して「かわいらしさとすべてを持ってらっしゃるなと思ったんですけど。神様がちょっと試練を与えたのかな、というふうにも思います」と、笑顔をのぞかせる場面もあったことから“不謹慎”とたちまちネットは大炎上。実際、フジテレビに批判の声が次々と届いていた。

安藤の発言が問題視されるケースはこの数年、増えてきていたと、前出のフジ関係者。

「一昨年の9月、斉藤由貴さんの不倫報道の際、『大人の恋っていうのは許されないんですかね?』と発言。《不倫していた人が偉そうにコメントするな》などとクレームがありました。昨年8月も人気グループ・Perfumeについて『すんごい昔の人でしょ?』と明らかに間違えてしまいファンから非難の声が。

昨夏の『週刊文春』で『嫌いなアナウンサーランキング2位』に入るなど、安藤さんの“上から目線”に特に彼女と同世代の女性視聴者からの支持が得られず『グッディ!』は視聴率的に苦戦しています」

番組関係者によれば、4年間“相方”を務める高橋克実(57)や三田友梨佳アナ(31)が度重なる安藤の問題発言にフォローを入れて軌道修正を図ってきたという。

「そもそも、番組立ち上げから安藤さんの夫がプロデューサーとして関わっていましたから、当初から彼女に面と向かって意見できる人は誰もいませんでした。制作側もSNSなどメディアが多様化するなかで“炎上発言”を繰り返す安藤さんをコントロールできないジレンマに悩まされてきました」

ところが、今年に入って安藤への風向きが変わり始めたという。

「安藤さんは今年1月に2回、2月には3回、番組を体調不良で欠席しています。1月の復帰の際には『鬼の霍乱』(※極めて健康な人が珍しく病気になるという意味)、2月の復帰時には『寄る年波には勝てない』と話していました。安藤さんは還暦を迎えました。病気を理由に番組を休むことがほとんどなかったため、局内でも、体の負担が大きい“帯番組のキャスター”を続けるのは厳しいのでは、という声が出てきています」

制作関係者はこう語る。

「春の改編では安藤キャスターは続投しますが、平成最後に伴い、今年は報道番組全体で大きな“リニューアル”を行います。早ければ安藤キャスターが夏の改編で降板する話が上がっています」

あわせて読みたい

「フジテレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小川彩佳アナの竹島発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    夏目アナ 吉本問題でTVに危機感

    水島宏明

  3. 3

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  4. 4

    韓国が対日想定した空母を建造か

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    韓国の不買に動じない日本アニメ

    WEDGE Infinity

  6. 6

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  7. 7

    韓国に反日の損失知らしめるべき

    安倍宏行

  8. 8

    紳助氏 会長辞任なら吉本潰れる

    文春オンライン

  9. 9

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  10. 10

    山本太郎氏「皆で政権取ろう」

    山本太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。