記事

Xperiaで仕掛けたソニー、世界初4K有機ELの超縦長スマホ

1/2

モバイルコミュニケーションズは2月25日、スペイン・バルセロナで開幕した「Mobile World Congress(MWC) 2019」で、次世代スマートフォン「Xperia 1」「Xperia 10/10 Plus」「Xperia L3」を発表した。

世界初の4K有機ELの採用や、最新のトリプルカメラなど性能面で目新しさを出したほか、今回の新製品からモデル名の名称ルールを変更し、ブランドイメージの巻き返しも図る。

「Xperia 1」

「Xperia 1」は2019年初夏以降に日本を含む各国・地域にて発売予定、「Xperia 10」「Xperia 10 Plus」「Xperia L3」の3機種は本日より発売する。

Xperiaのモデル名称は、これまでフラグシップが「Xperia XZ(1~3)」などと続いており、新モデルはXZ4になると見られていたが、今回の製品からはこれを一新。フラグシップモデルの名称が「Xperia 1」(エクスペリア ワン)、ミッドレンジが「Xperia 10」(エクスペリア テン)と、新たな名称ルールが採用されている。

「Xperia 1」。iPhoneが「9」を飛び越えて「X(テン)」に変わったときには、画面上部にノッチ(切り欠き)が登場し、ホームボタンが消えるという大きな変更があった。今回のソニーの名称変更でも、従来のXperiaから色々と変化した部分が目立つ

世界初の4K OLED、デザインは先祖返り?

Xperia 1の最大の特徴は、世界で初めて「4K有機EL」(3840×1644ピクセル)をスマホのディスプレイとして採用したことだ。

画面比率も他に類を見ない「21:9」の"超縦長”になった。それにより本体の形状もかなり変化しており、Xperia XZ3が6.0インチ、アスペクト比が「18:9」で本体幅が「73mm」であったのに対し、Xperia 1は6.5インチ画面ながら本体幅は「72mm」と逆に狭くなった。

Xperia 1は「縦長」の特徴的な形に

Xperia 1の6.5インチというサイズは「iPhone XS Max」と同等であるにも関わらず、その横幅はXS Maxが横幅77.4mm、Xperia 1は72mmと結構違う。ちなみに「iPhone X(およびXS)」の横幅は70.9mmであるため、実際に手に取ってみると、数値以上に「これまでになかった感」が際立ちそうだ。

そして、21:9という新たなアスペクト比を活かすための工夫もなされている。ソニー独自のUIで最適化することで、動画を視聴しながら、SNSを閲覧したり、メッセージをやり取りをしたりといった「二画面同時表示」での使い勝手が良くなっている。

独自のUIによって、21:9のアスペクト比ならではの分割画面の使いやすさを実現

カメラ機能も待望のトリプルレンズカメラに進化した。また、瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」にスマホとして世界で初めて対応した。有効画素数が各1200万画素の26mm(F1.6)・52mm(F2.4)・16mm(F2.4)レンズを標準・望遠・広角と自在に切り替えることができる。光学ズームは2倍で、暗所撮影に強く、背景ぼけ撮影にも対応する。

デザインも大きく変わった。XZ3から本体幅を維持したまま薄型化し、縦長になっただけではなく、過去のXperiaで評価の高かったスレート状のデザインに回帰している。Xperia 1の湾曲していないガラス背面は、昔からのXperiaユーザーには特に美しく見えるだろう。

ほか主な仕様は、プラットフォームがクアルコムの「Snapdragon 855」。メモリは6GBで、ストレージはmicroSDXC(最大512GB)をサポート。

本体サイズは縦167mm×横72mm×厚さ8.2mm。画面サイズは6.5インチ4K HDR OLED(3840×1644ピクセル)。重量は約180グラム。バッテリ容量は3330mAh。IP65/IP68の防塵・防水性能に対応。指紋認証センサは本体右側面。

カラバリはブラック、ホワイト、グレーのほか、Xperiaでは馴染みのあるパープルが復活しており、4色展開。

あわせて読みたい

「Xperia」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  7. 7

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  8. 8

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  9. 9

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  10. 10

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。