記事

沖縄の県民投票の結果は重要だ

沖縄の県民投票の結果は「反対」が7割を超え、知事の得票を上回る43万票だという。
投票率も52・48%で半分超えてるから文句なしの「反対」派勝利だ。
半分近くが棄権しているというのは考えなくていい。
棄権は住民投票の結果に従うということだ。

わしは2005年発売の『沖縄論』で、すでに辺野古基地の建設に反対を表明しているし、日米地位協定の改正も主張している。
あれからわしの意見は変わっていない。

『沖縄論』は沖縄県でロングセラーになったが、本土ではそれほど売れず、評価してくれたのは赤旗くらいしかなかった。
赤旗が評価する本をネトウヨが評価するはずがない。

わしの目的は「自主防衛」であり、「主権回復」であり、「民主主義の完成」である。
目的がはっきり言えない辺野古基地問題の是非では意味がない。

辺野古基地は今後10年以上の工期がかかるし、費用も何兆円かかるかわかったものではない。
基地が完成しても、塩害と液状化で、正常に機能するかどうかもわからない。
10年後も米国の属国のままかと思うとうんざりする。

辺野古基地建設を断念するなら、今が最後のチャンスだ。
安倍政権は、県民投票の結果に従うという名目ができる。

辺野古と普天間はバーターではないはずで、普天間基地の撤去も粛々と進めればいい。
米軍は当面、嘉手納基地を最大限に利用すればいい。
沖縄の米軍基地は縮小していくのが正しい。

「自主防衛」の覚悟を持たない者が、辺野古基地建設の賛成を言っても、反対を言っても、オルタナティブな意見にはならない。

あわせて読みたい

「普天間基地移設問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  7. 7

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  8. 8

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  10. 10

    マンションの看護師差別に呆れ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。