記事

五輪は、遅れているインフラ整備の好機である。 - 2月23日のツイート

日韓関係が最悪の状態だが、両国間の観光客の交流は遂に年間1000万人を超えた。徳川日本と李氏朝鮮以来の歴史を振りかえって、お互いにもっと相手を知る必要がある。自らの研究も参考にしながら、問題提起のためにJBpressに寄稿した。地道な取り組みを積み重ねるべきである。

マドゥーロ大統領は、グアイド派による人道支援物資の搬入を阻止するため、国境を封鎖。ベネズエラ情勢は、米欧vs中露の対立図式とともに混迷を極めている。洞ヶ峠を決め込んでいた日本も、やっと米欧陣営に加わった。拙速もよくないが、自らの判断で世界をリードする外交を展開してほしい。

新幹線で無料Wi-Fiが使える車両は一部のみ。外国人旅行者の最大の不満が、この未整備だ。2020年五輪を目標に駅なども含めて迅速に整備すべきである。政府はキャッシュレス化を進めようとしているが、同時にこちらのほうも忘れてはならない。スマホは、今や生活必需品となりつつある。

厚労省の統計調査が問題になっているが、私が大臣だった2007〜09年に比べると、政高党低で官邸や官僚機構に対する自民党の力が低下している。当時は、党が改革勢力(年金記録問題)、又は抵抗勢力(医療改革)として存在感があった。厚労部会長も、人気者ではなく、大臣経験者などの重鎮を配していた。

2020五輪を前に、外国観光客を迎えるために整備すべきは、無料Wi-Fiと共に、洋式トイレである。地方の公民館などでは、まだ和式が多い。私は股関節を手術したので、和式は無理である。洋式トイレは、外国人のみならず、日本の高齢社会にも不可欠である。五輪は、遅れているインフラ整備の好機である。

週末のフランスの反政府デモ、15週目であるが、まだ続いている。5月の欧州議会選挙まで継続する可能性がある。そして、その選挙には「黄色いベスト」の参加者で立候補する者もいるようだ。構造改革を試みて反発を買ったマクロン大統領に比べると、党内にも野党にもライバルが不在の安倍首相は楽だ。

日本とEUのEPAが2月1日に発効し、ワインなど欧州産品が安くなった。もし、イギリスのEUからの「合意なき離脱」が現実のものになると、日英間で関税が復活することになる。新たな日英関税同盟が間に合わないからだ。国民投票の結果とはいえ、Brexit は日本を含め世界中に悪影響を及ぼしつつある。

米中貿易摩擦、閣僚級の交渉を続けてきたが、トランプ大統領は、3月1日の期限を延長し、3月中に習近平主席とのトップ会談で決着をつけるという。知的財産権の問題は、世界の覇権競争に大きく影響するので、双方とも安易な妥協はできないであろう。しかし、これ以上の米中対立は世界経済を縮小させる。

※この記事は舛添要一氏のツイートを時系列順に並べたものです。 ・
都知事失格
都知事失格
posted with amazlet at 17.10.12
舛添 要一
小学館
売り上げランキング: 50,463

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    トランプ氏の大相撲観戦に苦言

    早川忠孝

  2. 2

    かぶる傘 五輪中なら悪くない案

    赤木智弘

  3. 3

    シンガポールで面白自販機が増殖

    後藤百合子

  4. 4

    夏のユニクロ肌着 苦手な男性も

    NEWSポストセブン

  5. 5

    山下達郎&まりやが海外で大人気

    NEWSポストセブン

  6. 6

    来日した韓国議員団の反日言行録

    NEWSポストセブン

  7. 7

    トランプ来日はシンプルにいい話

    篠田 英朗

  8. 8

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    増税こそリーマン級不況生む恐れ

    自由人

  10. 10

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。