記事

2019年アカデミー賞予測、誰が取るのか?誰が取るべきなのか?

1/3
アカデミー賞にノミネートされた、ラミ・マレック、マハーシャラ・アリ、レディー・ガガ(Photo by Alex Bailey/2018 Twentieth Century Fox; Patti Perret/Universal Studios;Shutterstock)

ローリングストーン誌の映画評論家のピーター・トラヴァーズがアカデミー賞を徹底予想。授賞式の夜にオスカー像をさらうのは誰? 栄えある賞にふさわしいのは誰?外国語映画賞には『万引き家族』もノミネート。

今年のアカデミー賞で大事件発生――#OscarsSoWhite(注:有色人種の受賞者が少ないことに対する抗議運動)や#TimesUp(注:セクシャルハラスメント撲滅運動)ではない。たしかに社会インクルージョンはもっと注目されてしかるべきだが、今回の大事件は題して#OscarsSoMoney(金もうけに走ったオスカー)。

今年のアカデミーは映画の質よりも、2月24日にどれほどの視聴者が授賞式のTV中継を見るのかを気にしているようだ。ヴァラエティ誌によれば、放送中に流れる30秒CMの1本あたりの広告費は、授賞式の視聴率が高いときは260万ドルに上ることもあるという。これが問題なのだ。視聴率はノミネーションの顔ぶれによって毎年微妙に変わる。高い年齢層にウケのいいアート系ムービーがノミネーションを占めていると、視聴者数はせいぜい3200万人どまり。2008年に『ノー・カントリー』が作品賞を受賞した時がまさにそうだった。対して1998年、興行的にも大ヒットした『タイタニック』が作品賞に輝いたときは5500万人にはねあがった。アカデミーがこれまで以上に金勘定に躍起になっているのも無理はない。

それから、主催者が今年「最優秀人気映画部門」を新設する計画を立てていたこともお忘れなく。浅はかな考えは幸いおじゃんになった。今年作品賞にノミネートされた8作品のうち、3作品は興行収入2億ドルを突破しているから(『ブラックパンサー』『ボヘミアン・ラプソディ』『アリー/ スター誕生』)、人気度という点はクリアしている。

観客の中でもとくに18~49歳の層は、今年もまた夜更かしして退屈な授賞式を見させられるのはごめんだ、と言わんばかり。2018年のオスカーは3時間53分という長丁場だったため、視聴者数は歴代最低の2660万人だった。同じ過ちを犯すまいと固く心に誓ったアカデミーは、今年こそは3時間以内に収めると公言している。また、司会者を立てるのをやめ(必要に迫られてというのもあるが)、受賞者に対しては授賞スピーチを手身近に切り上げるよう厳重注意したほか、撮影賞・編集賞・短編映画賞・メイクアップ&ヘアスタイリング賞の発表をCM中に行うとの決定を下した。

映画界の各組合は、当然ながら猛反対した。昨年の作品賞『シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロ監督はこのようなツイートを投稿した。「撮影や編集こそ、映画作りの中核をなすものだ。これらは演劇や文学から生まれたのではなく、映画から生まれた伝統なのだ」 一触即発の事態となり、面目丸つぶれのアカデミーは商業主義に目がくらんだ決定を取り下げた。そもそも、あんな決断をするべきではなかったのだ。

だいたい理由はなんだ――視聴率? ハリウッドはハリウッドでいいではないか。最も優れた作品を称えるべき年に1度の祭典なのに、それを短縮してまで金儲けに走る必要はあるのだろうか?芸術上の功績よりも興行成績を優先させれば、最悪の場合アカデミーの存在意義を貶めることにもなる。各部門の規範を向上させ、維持してゆくことが本分のはず。一般大衆の嗜好をくみ取る賞なら、すでにピープルズ・チョイス・アウォードがあるではないか。嗚呼。

それでは、今年のオスカー14部門を見てみよう。勝利を手にするのは誰か、そして賞レースを面白くするのは誰だろうか。

作品賞

『ブラック・クランズマン』

『ブラックパンサー』

『ボヘミアン・ラプソディ』

『女王陛下のお気に入り』

『グリーン・ブック』

『ROMA/ ローマ』

『アリー/ スター誕生』

『バイス』

批評家から鼻であしらわれた『ボヘミアン・ラプソディ』がノミネートされ、幅広い層から絶賛された『魂のゆくえ』や『Eighth Grade(原題)』が選に漏れたのは、どう説明すればよいのだろう? 8作品の中に『ファースト・マン』が加わっていないのは、興行的に失敗作だったからだろうか? 『アリー/ スター誕生』は当初の勢いを失って、もはや作品賞最有力とは言われなくなったし(これも謎)、『ROMA/ ローマ』、『グリーン・ブック』、『女王陛下のお気に入り』、『バイス』は大したヒットを飛ばしていない。ドル箱映画『ブラックパンサー』(全世界の興行収入は13億ドル)は、これまで軽視されてきた黒人の観客に、見た目も話し方も自分たちそっくりなスーパーヒーローに自己投影するチャンスを与え、商業的な成功と芸術性を合致させた。

本命:『ROMA/ ローマ』

理由は単純明快。メキシコシティでの幼少期を振り返るアルフォンソ・キャロンの心の旅が、今年はどの映画よりも頭ひとつ抜きんでているからだ。だが、それだけで十分だろうか? モノクロの回想録は全編スペイン語――91年間のアカデミーの歴史において、外国語映画が作品賞を受賞したことはいままで一度もない。しかも『ROMA/ ローマ』は、ハリウッドの大手スタジオのお偉方を怒らせているストリーミングサービスNetflix配信の作品ときた。ということは、次に可能性があるのは……

大穴:『ブラック・クランズマン』

オスカーにとってはDo The Right Thing、正しい行いをする絶好のチャンス。作品賞に初ノミネートされた無冠の巨匠、スパイク・リーに今年こそ賞を与えようではないか。だが、マーヴェルの超人気作『ブラックパンサー』が受賞しても歴史的快挙となる。作品賞にノミネートされた初のコミック映画、それも名作コミックだ。我々の予想は、いずれも歴史を変えることとなる以上3作品のいずれかだ。

主演男優賞

クリスチャン・ベール『バイス』

ブラッドリー・クーパー『アリー/ スター誕生』

ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』

ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』

ヴィゴ・モーテンセン『グリーン・ブック』

『魂のゆくえ』でキャリア最高の演技を見せたイーサン・ホークが候補に上がっていないのはなぜだろう。この映画の興行収入が偏差値以下だったから、としか説明がつかない。そもそも、興行収入など参考にするべきではないのだが。5人の候補者の中で唯一実在の人物を演じていないのはブラッドリー・クーパーだが、監督賞のノミネーションに漏れた残念賞として彼が受賞するのでは、という見方もある。いやいや。我々の予想では、この2人の戦いに絞られるだろう。

本命:ラミ・マレック

映画としての『ボヘミアン・ラプソディ』に不満を持つ人も、クィーンのフロントマン、フレディ・マーキュリーを演じたマレックの心底しびれる神業級の演技にはあっぱれと舌を巻く。義歯をつけ、彼の一挙手一投足を模倣したマレックは、マーキュリーをがっつり自分のものにした。

大穴:クリスチャン・ベール

ゴールデングローブ賞コメディ部門で主演男優賞を受賞した直後、ベールは史上最強かつ最恐の副大統領ディック・チェイニーの役作りにインスピレーションを与えてくれたとして、「悪魔」に感謝をささげた。役のために体重を45ポンドも増量――アカデミーの会員はこういうのが大好きだ。だが一番の決め手は、ディックの穏健な仮面の下にある、沸き立つ怒りをベールは見いだしたという点だ。

最優秀女優賞

ヤリッツァ・アパリシオ『ROMA/ ローマ』

グレン・クローズ『天才作家の妻 40年目の真実』

オリヴィア・コールマン『女王陛下のお気に入り』

レディ・ガガ『アリー/ スター誕生』

メリッサ・マッカーシー『ある女流作家の罪と罰』

アカデミーの会員にとっては、まさに夢のような見事な女優陣が出そろった。花形コールマンにしてみれば、彼女の演じた役が、主役というより脇役とみられているのがちょっと痛い(みなさん、しっかりしてください、彼女は女王陛下役ですよ!)。メキシコ出身の学校教師アパリシオにとっても、演技経験ゼロというのが不利になるかもしれない。別のタイミングであれば、マッカーシーにも――ドラマとコメディ、どちらもこなせることを証明した――受賞チャンスはあっただろう。だが、今年はそのタイミングではない。2019年は、熟練の俳優と最有力の新人との一騎打ちになるだろう。

本命:グレン・クローズ

#TimesUp全盛の時代にクローズは、恩知らずな夫の陰で生きねばならなかった女性の苦しい胸の内を描いた。彼女にとってはこれが7度目のノミネーションだが、受賞はこれまで一度もなし。世の中に正義があるのなら、今年こそ彼女が受賞するだろう。

大穴:レディ・ガガ

初の主演作品で、スクリーンに見事に花を咲かせた。歌も演技もいける、というのはなかなかない。1979年、ベット・ミドラーがまさに同じ境遇だった。女優初挑戦の『ローズ』で見事な演技を披露しながら、惜しくもオスカーは逃したが。こんなことを言っても、なんの足しにもならないだろう。

助演男優賞

マハーシャラ・アリ『グリーン・ブック』

アダム・ドライバー『ブラック・クランズマン』

サム・エリオット『アリー/ スター誕生』

リチャード・E・グラント『ある女流作家の罪と罰』

サム・ロックウェル『バイス』

我々だったら、『ビューティフル・ボーイ』に出ていた22歳のティモシー・シャラメと、『ブラックパンサー』の32歳、マイケル・B・ジョーダンのいずれかを推していただろう――だが、どちらもノミネートされず……(溜息)。だが朗報もある。74歳のエリオットが初ノミネートされたことだ。これまであまり評価されなかった名優は、ブラッドリー・クーパーの兄役として登場したわずかなシーンで、キラリと光る名演技を見せた。もう2回ほど出番があれば、受賞もありえたかもしれない。『バイス』でジョージ・Wを演じたロックウェルにいたっては、もっと出番は少ない。だが彼は、昨年『スリー・ビルボード』ですでに受賞済み。ドライバーに関しては、白人の彼が『ブラック・クランズマン』で受賞するというのはどうもしっくりこない。ということで、予想はこちら。

本命:マハーシャラ・アリ

実在の人物を描くにあたり、意図的に正確さを欠いた点に関しては不満もありつつ、オスカー選考委員は『グリーン・ブック』を心底気に入っているようだ。それゆえに、おそらくアカデミーはアリに2つ目のオスカー像を与えるだろう。2016年『ムーンライト』で勝ち取ったオスカー像と合わせて、ブックエンドにしてください。お気に召しませんか? そんなはずはありませんよね。

大穴:リチャード・E・グラント

スワジランドとイギリスにルーツを持つ彼は、メリッサ・マッカーシーの飲んだくれの共犯者として、俳優デビューとなった1987年の名作『ウィズネイルと僕』で見せたコメディとシリアス両方の力量を発揮した。驚くべきことに、グラントにとってこれがオスカー初ノミネーション。アカデミーに告ぐ。たっぷり償ってやりなさい。

あわせて読みたい

「アカデミー賞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党に利用された宝島社の「タケヤリ意見広告」

    渡邉裕二

    05月19日 08:10

  2. 2

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  3. 3

    #メディアはワクチン接種を邪魔するな 2 政府のミスを見つけてくれた? ワクチンを早期に拡げて国民を助けるより政府を叩きたい!? 国を滅ぼしたい!?

    中村ゆきつぐ

    05月19日 08:20

  4. 4

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  5. 5

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  6. 6

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  7. 7

    大失敗の大阪、成功の東京〜感染急増の大阪や地方と、第4波の感染抑えた東京の何が違ったのか?

    かさこ

    05月19日 08:15

  8. 8

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  9. 9

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  10. 10

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。