記事

NYタイムズ、デジタル1000万契約への道は明るそうだ

米国の新聞業界、不景気な話が続きます。今日も、新聞チェーン、マクラッチーで200人以上が早期退職を受け入れた、というニュースがありました。


しかし、最近のニューヨークタイムズ(NYT)については景気のいい話ばかりです。2月6日の2018年決算報告では、「紙」と「デジタル」の購読者は430万件と史上最高を記録し、マーク・トンプソンCEOは「2025年までに、デジタル契約で1000万件以上を目指す」とブチ上げました。

かって、読売新聞は1000万部を誇り、世界中を驚かせましたが、今や800万部をわずかに上回る程度。なのに、世界的新聞不況の中でNYTが1000万部という目標を公言したのです。

それは、どうして可能なのか。著名な新聞業界アナリストのKen Doctor氏が、トンプソンCEOにインタビューしたことを元に「有料読者1000万はできるのか」という記事をNiemanLabに書いていて、興味深く読みました。

そのトンプソン氏が語ったという核心と思われる部分を記録しておきます。

まず、2025年に1000万契約が出来るとしたら、その時、どのくらいが海外の契約なのか、について、トンプソン氏は「200万以上になると信じている」とのことです。

現在、340万のデジタル契約のうち、米国外の契約は16%=54万程度ですから、1000万のうちの200万=20%というのはそう無理な数字ではないのかもしれません。

そして、トンプソン氏が挙げる成長分野は「女性読者層」だということです。今すでに、デジタル契約者は女性が多数派になっているそう。

それは、NYTが、「コンテンツの組み合わせを広げようとしてきた努力が機能していることを示唆している」とDoctor氏。その典型的な具体例が、以前、当ブログでも紹介した「Smart Living」のような、サービスジャーナリズムの採用です。

例えば「ニューヨークの超人気レストランの予約をいかにうまく取るか( How to Beat the Line and Get Reservations at Hot New Restaurants)」といったような実用記事、ハウツーものですね。実に内容豊かですので、ご覧ください。

もうお堅いブランドではなく、女性にも親しみやすい内容をウェブサイトではどんどん取り入れているということです。

さらに言えば、トランプ大統領の登場が、女性の政治への関心を高めたという要素もあるとのことです。「この国はどうなっちゃうのか」というような。

そうしたことが、本来の地盤である米・北東部やカリフォルニアに加え、かっては紙のNYTが届いていなかったフロリダ、アリゾナ、ジョージアなどで伸びが著しいことにつながっているのだそう。

最近、NYTが公表した、カリフォルニア州立図書館のパトロンになって、公立図書館内からのNYTサイトへの無料アクセス、2300万人に及ぶ図書館カード所有者には図書館サイトを介してどこからでも無料アクセスを認めるという事業も、いずれ、その何割かが契約者になるだろうという布石でしょう。思い切ったやり方ですね。

そして、近々には、発表はだいぶ前でしたが、これも当ブログで紹介した若い夫婦の取り込みを目指す、子育てアプリもようやくスタートするようです。本体契約につながっているというクロスワードとCookingのアプリに続くものです。

もちろん、編集局も強化していて、現在のスタッフはopinionの100人を加えると1550人と、過去最大になっていて、ライバルのワシントンポストの倍近い陣容を誇ります。(高給な高齢記者の早期退職を進め、デジタルに明るい若手記者への入れ替えも意識的に進めています)

Podcastにも注力し、中でもThe Dailyは、月800万回もダウンロードされた超人気番組になっているとのことです。そして、そのリスナーの75%が40才以下なのだそう。

Doctor氏は他にも色々書いてますが、ここにあげたような様々なことだけでも、今のNYTの勢いからしたら、2025年、1000万契約は絵空事ではないような気がしてきました。

そして、NYTの株価は今週末に30ドルの壁を乗り越え、32.45ドルに達しました。10年前はたったの4ドルほど、英BBC会長だったトンプソン氏がデジタルに明るいことを理由にNYTに招かれた2012年は7~8ドル程度でした。

ドル箱の3行広告がネットの影響で全ての新聞が壊滅的な打撃を受けた中で、ここまで株価を引き上げたトンプソン氏の言だけに、「1000万契約獲得」に信ぴょう性を感じてしまうのです。

あわせて読みたい

「NYTimes」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  3. 3

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  5. 5

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  8. 8

    箕輪氏 セクハラ疑惑で「暴言」

    文春オンライン

  9. 9

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  10. 10

    ロイホ大量閉店 コロナの厄介さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。