記事

やはり安倍首相はトランプ氏の「愛犬」だ

1/2

「安倍首相が自分をノーベル平和賞に推薦した」

「安倍晋三首相がトランプ米大統領をノーベル平和賞に推薦した」というニュースが話題を呼んでいる。

新聞やテレビが一報として報じたほか、朝日新聞と毎日新聞が2月19日付の社説で取り上げて安倍首相とトランプ氏を批判した。

沙鴎一歩もプレジデントオンラインで「安倍首相はトランプ大統領の"愛犬"なのか」との見出しを付けて報じた。この記事はTOKYO MXの情報番組「バラいろダンディ」で取り上げられ、出演者たちは生放送で“愛犬談義”を繰り広げた。


2019年2月20日、ワシントンのホワイトハウスで記者団に語り掛けるトランプ米大統領(写真=EPA/時事通信フォト)

出演者のひとりである舛添要一前都知事は、15日のホワイトハウスでの記者会見で、トランプ氏が「安倍首相が自分をノーベル平和賞に推薦した」と明らかにしたことを「あれは禁じ手のはず」と指摘した。

前回記事で沙鴎一歩も「記者会見という公の場で自慢すること自体がばかげている」と批判した。舛添氏が追及するように、たとえ推薦が事実であったとしても、公にしてはならないことなのである。この点は舛添氏の意見に賛成である。

「自分はアメリカの大統領と同じぐらい偉い」

この後、舛添氏は、東大出身の国際政治学者から参院議員、厚生労働相、都知事と出世していくに従い、自分にも擦り寄ってくる“愛犬”が存在したという趣旨の説明をした。これが沙鴎一歩の偏屈な耳には自慢話のように聞こえた。自分は日本の首相を従えるアメリカの大統領と同じぐらい偉い人間だ、と主張しているようだった。

もうひとつ、気になったのは、舛添氏が安倍首相に対して批判しなかったことだ。沙鴎一歩は前回記事で、「それ以上に推薦したという安倍晋三首相はどうかしている。それほどトランプ氏に花を持たせたいのか」「どこまでもトランプ氏に擦り寄ってひざまずきたいのだろう。もはや安倍首相はトランプの愛犬だ」と書いた。舛添氏は安倍首相の推薦行為をどう考えているのだろうか。そこをしっかり話してほしかった。

トランプ氏がノーベル平和賞の推薦を非公式に依頼

安倍首相は本当にトランプ氏をノーベル平和賞に推薦したのだろうか。

その後、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、報道機関の取材に対し「私は推薦していない」と否定している。文氏は「トランプ大統領はノーベル平和賞を受けるべきだ」と語ったことがあり、アメリカのメディアは「推薦したのは安倍首相ではなく、文大統領だろう」と報じていたが、それは事実ではなかったようだ。

安倍首相本人は、国会の答弁でノーベル委員会が平和賞の推薦者と被推薦者を50年間は明らかにしないとことを理由にノーコメントとしている。

しかし複数の報道によると、昨年6月の米朝首脳会談の後に行われた安倍首相とトランプ氏の会談のときに、北朝鮮の核・ミサイル開発の停止を前提に、トランプ氏が安倍首相にノーベル平和賞の推薦を非公式に依頼した。この情報を明らかにした政府関係者は「外交の世界では依頼を受けて推薦することは珍しくはない」とコメントしているという。

やはり安倍首相は推薦していたのである。

あわせて読みたい

「毎日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  6. 6

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  7. 7

    ガソリン車新車販売 禁止へ調整

    ロイター

  8. 8

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  9. 9

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

  10. 10

    竹中氏「菅首相の突破力は見事」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。