記事

テロリストの「帰国ラッシュ」―元IS戦闘員への帰還拒否は何も解決しない

1/2
[画像をブログで見る]

  • イギリス政府はISに参加した女性の帰国を拒み、国籍を剥奪する決定をした
  • しかし、元外国人戦闘員はこの女性だけでなく、見せしめのように国籍を剥奪することは、イギリスが尊重するはずの「法の下の平等」に反し、その不公正さはイギリス社会に不満をもつ者の敵意をさらに増幅しかねない
  • イギリス政府のこの対応は、テロリズムが蔓延した原因の一端がイギリス社会にもあることを認めない姿勢の裏返しでもある

 シリアに集まっていたISの外国人戦闘員は、母国に帰還し始めている。この「帰国ラッシュ」のなか、イギリス政府は2月19日、帰国を希望しているイスラーム過激派「イスラーム国」(IS)の元戦闘員シャミマ・ベグム氏の国籍を剥奪し、帰国すれば入国を阻止する決定を下した。この決定は、一見したところテロリストに厳しい措置として問題ないようだが、実際にはイギリス政府の矛盾に満ちた対応と傲慢さを浮き彫りにする

外国人戦闘員の「帰国ラッシュ」

 シリアではIS最後の拠点バグズが、アメリカ軍の支援するクルド人勢力で陥落寸前のなか、各国から集まってきた外国人戦闘員は大挙して帰国し始めている。2014年に「建国」を宣言したISには、その直後から世界各地から2万人以上が集まっていたが、ISの旗色が悪くなった2015年末頃から徐々に脱走する者も増え、見せしめのため処刑される者も増えた。

 こうした背景のもと、バグズ攻撃でシリアでの拠点の喪失が現実味を帯びるなか、外国人戦闘員の「帰国ラッシュ」は一気に加速したのだ。バングラデシュ系イギリス人女性、シャミマ・ベグム氏も、その一人だ。

 ベグム氏は2015年、15歳でシリアに渡り、ISに参加。昨年、IS戦闘員との間に男児を出産し、親子でのイギリス帰国を希望している。

 これに対して、イギリス政府はベグム氏の国籍剥奪を決定したのだ。イギリスの法律では、内務大臣が「公益に影響を与える」と判断すれば、国籍を剥奪できる(剥奪によって無国籍にならない、などの条件がある)。そのため、テロリストの帰国が「公益に反する」という判断が、この決定の背景にあるとみてよい。

テロリスト排除の論理

 ISは既存の国境戦を否定し、勝手にシリアとイラクの国境付近での「建国」を宣言しただけでなく、敵対する各国でテロ活動を引き起こしており、イギリスでも2017年5月にマンチェスターで22人が死亡する自爆テロが発生している。また、イギリス軍はアメリカに協力し、イラクでのIS空爆にも参加している。

 これらを振り返れば、いくらイギリス国籍をもつとはいえ、当局が制止しているのに「勝手に」出国してテロ組織に参加した者を受け入れないのは当たり前、という意見もあるだろう。

 また、ベグム氏がシリアへ渡ったことを「後悔していない」、「自分の子どもが死ぬことが恐かった。とにかくイギリスに帰りたい」と述べたことが、「そんな奴を帰国させたら危険だ」、「ISだって多くの子どもを殺したじゃないか」といった批判を招いても不思議ではない。

 さらに、ベグム氏の家族は弁護士を通じて「全ての法的手段」を用いて政府の決定に抵抗すると述べているが、これとて「ムシが良すぎる」という反感を呼んでも当然ではある。

 イギリス政府の決定は、こうした反感や批判に考慮したものだろう。ただし、「ムシが良すぎる」というなら、イギリス政府の決定も同じだ。そこには、大きく二つの理由がある。

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  3. 3

    コロナにゲイツ氏「100年に1度」

    ロイター

  4. 4

    よしのり氏 休校は英断ではない

    小林よしのり

  5. 5

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  6. 6

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  7. 7

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  8. 8

    石破氏 船内対応巡る発言を反省

    石破茂

  9. 9

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  10. 10

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。