記事

【書評】どうしても通読しておきたい『AIと憲法』という必読書

1/2

このところAI(人工知能)やアドテクノロジー、それに対する規制の在り方も含めた議論が各所で行われ、先週も事業責任者や法務担当者、政策関係者を集めた研修会などが立て続けに開かれたわけなんですが、牧歌的な時代のプライバシー関連法や個人情報保護の仕組みのころの気持ちの延長線上で「ユーザーが不便しないからいいでしょ」という楽観論が各所で聞かれたのが残念です。

 ちょうど問題となっている静止画ダウンロード違法化が自民党部会で通ってしまってゲームセット感が出ている状態ですが、これかて従前の議論をきちんと踏襲しながら有識者が議論を重ねてきたにもかかわらず、役所の得点として、あるいはちょっと前のブロッキング関連議論の意趣返し的なアプローチで反対意見を蹂躙したのは記憶に新しいところです。

 同じような問題がAI分野で出ないとも限らず、その中でも比較的一冊でこのあたりを網羅している書籍はないかとよく聞かれるので、私は『AIと憲法』(山本龍彦・編著)を強くお薦めしています。もちろんこれ一冊で全部の議論が分かる! とまでは当然いかないのですが、AIに国民が知らずに選別されてしまう危険性をきちんと表出し、国内や海外の議論も踏まえてAIがその万能さゆえに多くの差別や抑圧をしてしまう、それを多国籍企業がデータ資本主義の名のもとに「本当にできる世の中になってしまう」ことへの警鐘を鳴らしているという点で、目を通さないわけにはいかない内容になっていると思うのです。


楽天ブックスはこちら

Amazonはこちら

 で、産業面で言えば本書第2章で古谷貴之さん(京都産業大学准教授)が「AIと自己決定原理」で論じている内容の中で、アドテクノロジーと行動ターゲティングに関する自己決定の問題について、より複雑になっていくプロセスが詳細に論じられています。実際にネットでの広告を扱っている事業者からすると、DSP側からコールするユーザー属性データは必ずしも本人同意が得られていないものも含めて大量に流通し、標準化され、このペルソナの人物であればこの商品をこのタイミングで興味を持ちクリックするはずだという予測モデルに基づいてSSP側に投げて在庫を漁り、一番価格の安いタイミングかより関心スコアが高くなるであろうプロセスを引っ張り出そうとします。

 そこにはユーザーには利便性が提供されているからよいだろうという事業者側が判断する勝手なイノベーション受益を展開してユーザーのプライバシーだけでなく自己決定権にまで踏み込み、さらには移動データから行動ルーチンを逆算していくプロセスにまで入っていくことになります。主にこれらのターゲティングの犠牲者は広告を扱っている人たちならよく知っている通りタクシー乗客や高速道路などをマイカーで利用する人であり、移動距離から推定した所得や購買志向が勝手に個人に関する情報に紐づけられて解析され、SMSやプラットフォーム事業者を通じて広告がコールされる仕組みになっているわけです。

あわせて読みたい

「AI」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMなしスマホが技適通過

    S-MAX

  2. 2

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  3. 3

    未だに処理水批判する韓国の悲愴

    自由人

  4. 4

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  5. 5

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  6. 6

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  7. 7

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

  8. 8

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  9. 9

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  10. 10

    山本太郎氏は知事選出馬をするな

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。