記事

米中、3月にも首脳会談 通商協議継続し合意期限延長へ=米大統領


[ワシントン 22日 ロイター] - トランプ米大統領は22日、米中は貿易戦争終結に向け合意に至る公算が極めて高いとの認識を示し、合意を得るために3月1日に設定している交渉期限を延長する意向であることを明らかにした。また、中国の習近平国家主席と3月にも会談する見通しを示した。

米中は21日、ワシントンで閣僚級の通商協議を再開。追加関税の発動期限を3月1日に控え、貿易戦争終結に向けた合意を目指している。

トランプ大統領はこの日、中国の劉鶴副首相らと協議。ホワイトハウスで記者団に対し、進展が見られているため、今回の協議を2日間延長すると表明。「ディール(取引)が成立する公算が大きいとの感触を双方が得ている」と述べた。

また、習主席と間もなく会談する見通しだとし、自身と習主席との間で通商を巡る最大の決定を行うと表明。会談は3月に、米フロリダ州のリゾート施設「マー・ア・ラゴ」で行われる公算が大きいとの見方を示した。

中国の劉副首相は、習主席の書簡をトランプ大統領に届けたことを明かした。習主席は書簡で交渉で大きな進展が見られたとし、両国が譲歩に向け一段と取り組むことを望んでいるとした。

このほかトランプ大統領とムニューシン財務長官は、通貨に関して強固な合意をまとめたとも明らかにした。

ただトランプ大統領は、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が中国との合意の枠組みを覚書(MOU)の形で取りまとめていることに不満を表明。MOUは短期的なもので、より長期的なディールが望ましいと述べた。ライトハイザー代表はこれに対し、MOUには拘束力があると指摘した。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  3. 3

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  4. 4

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  5. 5

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  6. 6

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  7. 7

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  8. 8

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  9. 9

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  10. 10

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。