記事

2月22日(金)ムネオ日記

昨夜、家に着いたところで札幌の秘書から「大きな地震です。厚真町が震源地です」と電話が入った。
慌てて胆振地方、札幌の関係者に電話したが、人的被害、特別なことはないとのことでホッとした。
昨年9月に起きた地震の震源地と近く、一瞬またかとも思ったが、大きな人的被害がなくて何よりだった。

北海道では極めて切迫性の高い千島海溝巨大地震が心配されている。減災に向けた取り組みを日々行っておくことが肝要である。

「自然災害はいつも忘れた頃にやってくる」といわれていることを肝に銘じたい。

桜田五輪相が衆院予算委員会に3分遅刻し、委員会が5時間中断したと報じられている。なんとも生産性のない国会である。

「関係者によると桜田氏は直前まで執務室で答弁資料を読んでおり、審議が一度中断したため質問開始が遅れると事務方が勘違いしたという」(読売新聞4面)。

事務方の単純な連絡ミスにもかかわらず、それを理解せず委員会を5時間中断させる野党のやり方は正しいのだろうか。「質疑時間を増やせ」と言いながら、屁理屈を付ける審議拒否である。

遅れたことに対して謝罪したのだから速やかに質疑に入るのは当然ではないか。

野党(立憲民主・国民民主・共産党)3党は退席したそうだが、「税金の無駄遣いだ」と言う声が沢山あったことを考えてほしい。なんとも旧態依然の国会運営だと国民は思っている。

必ずや選挙でブーメランとなって返ってくることだろう。

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  2. 2

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  3. 3

    千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

    NEWSポストセブン

    04月13日 09:29

  4. 4

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  5. 5

    海洋放出も地層処分も強行するな

    畠山和也

    04月13日 08:42

  6. 6

    「いじられるのが上手い人しか生き残れない」は昔の話? ケンコバが感じた「第七世代」への“違和感”と“現実” 『お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで』より #2 - ラリー遠田

    文春オンライン

    04月13日 10:05

  7. 7

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

  8. 8

    なぜ市町村に、具体的なワクチン配布の日程を伝えられないのか

    大串博志

    04月13日 08:50

  9. 9

    学者も生産者も軒並み反対 「海洋放出以外の選択肢ある」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月13日 08:45

  10. 10

    カンニング竹山の小池都政批判発言ミスはテレビの「YouTube化」が招いたか

    渡邉裕二

    04月13日 11:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。