記事

「そのままでは社会のゴミになる」お金を稼ぐ生き方を捨てた東大卒の若者にデヴィ夫人が喝

1/2

 お金はあればあるほど幸せなのか。19日放送のAbemaTV『AbemaPrime』は、そんな難問について考えた。

■「ドーンと使ってみると新しいことが見えたりする」

 新宿・歌舞伎町でキャバクラを4店舗経営、年商10億円を稼ぎ出す内野彩華さん。「お金は血液と一緒で、なかったら困る。常に必要な時にお金が出せるような状況でいたいなと思っている」と話す。家賃50万円の物件には、高級ブランド品が並ぶ。「とりあえず一通り買って見たが、飽きた(笑)」。


 小学生時代、父親の会社がバブル崩壊に伴い倒産、何不自由ない生活は一変した。「高校生の時は60円のコーヒーも買えなくて、いつも友達に60円貸ちょうだいとか言っていた」。"周りを見返したい"と、19歳の時に飛び込んだ銀座のクラブでは、定休日以外、年に300日以上も働いた。売上は多い月で2000万円以上になり、入店1年目でNo.1ホステスに上り詰める。それから6年後、25歳で自身の店をオープンさせる。


 数億円の資産を持ちながらも、お金が無かった頃の記憶を拭い去ることができず、不動産投資を行うなど、稼ぐことへの熱意は冷めない。「やっぱりお金はいっぱい使ったことある人でないとわからないことがある。ドーンと使ってみると新しいことが見えたりする」。


 内野さんがオーナーの「CLUB UP’S」で働く水城さやかさんは「お金の余裕は心の余裕というがそれは本当で、貯金があればあるほど自分の心に余裕が出てくるし、あまり人目を気にしなくなる」と話した。


 一方、都内で妻と娘と暮らす投資家の井村俊哉氏は、売れない芸人時代、生活費稼ぎに始めた投資で100万円の元手を6年かけて1億円まで増やした。それでも、芸人時代と変わらぬ暮らしを続けている。いまは生きていくことへの不安は解消されたという。「1000万円あれば投資で生きていけるな、みたいな感じになった。お腹が減ったら1杯500円のラーメンをすする。ライスおかわり無料みたいなところがあって。幸せの形としてそれはそれでいいなと」。

■「お金をなくして初めて価値がわかるみたいな物がある」


 街ゆく人に話を聞いたところ、20人のうち9割が「大金はいらない」と回答した。ファイナンシャルプランナーの黒田尚子氏は「今は物が溢れていて、多少目先の変わった物を持っていても『どうなの?』と。そこにあまり魅力を感じなくなった人が多くなった。いつまでたっても周りからどういう風に見られているか、自分たちの生活が豊かに見られるのを気にする方は幸福になれないと思う」と分析する。


 その究極の形とも言える生活を送るのが、 鹿児島県長島町の諸浦島地区で暮らす神明竜平さん(30歳)だ。

 東京大学法学部を卒業後、DeNAに入社。新卒としては高待遇の年俸500万円をもらいながら海外向けゲームの制作に携わった。しかし3年前に同社を退社、知人の伝手を使ってこの地区にやってきた。定職には就かず、通信制高校の講師のアルバイトで生活に必要な年間50万円ほどを稼いでいるという。


 内閣府が2011年に出した、年収と幸福感に関するデータによると、年収1000万円を超えると幸福度はほぼ横ばいになるという。しかし神明さんは「率直な僕の感想では、500万円をもらっていた時はデータのような感じで幸福度は低かった。今は高く、データとは逆」「お金をなくして初めて価値がわかるみたいな物がある。人間関係とかも」と話す。

 神明さんがお金を持たなくなって最初に気づいたのが、"人の優しさ"だという。彼の住む家の床はシロアリに食われ放題だが、家賃は家主の計らいでほぼタダ。家財道具や台所にある食料なども、全て近所の人に分けてもらったものだ。


 多い時には週に3回、近所の水口真弓さん宅を訪れ、夕食をご馳走になる。島に来た当初、水口さんの息子に家庭教師をする代わりにご飯をご馳走になっていたのが今では日常になっている。「恩を受けると、僕も別の形で返したいというのもある。その人に返さなくても、別の人に返すみたいな関係がそこで生まれるみたいな感じがあって。お金があるとそうはならない」。地区の人々には、「相談」「面白い話」で恩返しを行っているという。

あわせて読みたい

「デヴィ夫人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  4. 4

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  5. 5

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    妊娠で退学 祝福されぬ高校生母

    田中俊英

  7. 7

    水沢アリーが暴露したTV業界の闇

    NEWSポストセブン

  8. 8

    北方領土「武力奪還」は認識不足

    舛添要一

  9. 9

    堀江氏の恋愛論 ケチはモテない

    GOETHE[ゲーテ]

  10. 10

    糖質制限をめぐる異なる説に困惑

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。