記事

ベビーカー、保育園で論争&炎上 日本人は不寛容なのか

【ベビーカーは大迷惑!?(イラスト/えのきのこ)】

 毎日のように起きているネットの炎上は、不用意な投稿や、芸能人のSNSへの羨望、バイトの不適切動画などさまざまで、中には思いの丈を書き込んだだけで炎上するケースも。その理由を、元陸上自衛隊初の心理教官で心理カウンセラーの下園壮太さんはこう分析する。

「日本人は“こうあらねばならない”という思いが強いため、何かしらがまんをしている人が多く、自分はがまんしているのに、という思いもあって、どうしても他人に厳しくなりがちで、怒りをためやすい国民でもあるのです。それに日々抱えているストレスを、誰かの不祥事や不倫を徹底的にたたくことで解消しているとも考えられます」

◆ベビーカー

 ここ数年、電車内でのベビーカーが論争の的に。特に満員電車では、ベビーカー利用のママたちが肩身の狭い思いをしている。「迷惑そうな顔をされた」「舌打ちをされた」なんてのは序の口で、中にはベビーカーを蹴られたという人もいる。

【世間の声】

「混雑時の電車内では迷惑。ぶつけられたり進路を塞がれたりするので、乗る時間をずらすかベビーカーを畳むべき」(54才・主婦)

「子育てママにとってベビーカーは必需品。少子化時代に赤ちゃんを社会が優しく見守ってあげたらいいのにと思う」(64才・主婦)

◆保育園

「子供の声がうるさい」などの理由で保育園建設を断念するケースが相次いでいる。最近も、東京・南青山での児童相談所建設に地元住民が猛反対というニュースが。なんとその理由が、「街の価値が下がるから」と聞いてびっくり。

【世間の声】

「子供の甲高い声にストレスを感じるのは当然。環境も壊されるし、毎日迎えに来る親のマナーも心配です」(48才・主婦)

「待機児童問題で悩んでいる親のために保育園は作るべき。子供は国の宝。社会で育てるものです!」(49才・会社員)

 こういった読者からの声を読むと、確かに“こうあらねばならない”という考えから起こる炎上も多そうだ。

※女性セブン2019年3月7日号

あわせて読みたい

「日本人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  4. 4

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  5. 5

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  6. 6

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  8. 8

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  9. 9

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。