記事

「慰安婦」被害者の金福童さん逝去 「希望はつかみとるもの」(梁澄子)

2/2

【最後のメッセージ】

そんな金さんが変わり始めるのは2008年、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協・前出「正義記憶連帯」の前身)の施設「ウリチプ」に入居してからのことだ。酒を断ち、ほとんど見えなくなっていた目の治療を受け、毎週水曜デモに出て人々と接し始めた。人々に接することで金さんが持っていたパワーが全開し始めたのだ。

12年、日本の右翼が日本大使館前の「平和の碑」(少女像)等に「竹島は日本の領土」と書いた杭を置いていくと、激昂する市民たちに向かって「こんな棒きれ相手にすることない。却って博物館や平和の碑が有名になって彼らに礼を言いたいくらいだ」と余裕を見せ、15年の日韓合意後は「歴史を売った」と韓国政府を厳しく批判した。そして来日を要請する声には「韓国政府と闘うだけで精一杯だ。日本は日本の市民で考えてやれ」と檄を飛ばした。

17年頃から癌の転移が進むにつれ、金福童さんが絶えず気に掛けたのは、来日の折に何度か訪問した朝鮮学校の生徒たちのことだった。「あの子たちのことを思うと、ただ涙が出てくる」

高校無償化から排除された生徒たちに奨学金を出し、台風被害に遭った朝鮮学校への支援金を手に、18年9月、最後の来日を果たした。そして「どんなに差別されても堂々としていなければならない」と子どもたちに語りかけた。

同年11月、金福童さんの意志を受け継ぎ朝鮮学校を支援するための基金「金福童の希望」が立ち上げられると、残った全財産をこれに託した金さんは「希望をつかみとって生きよう。私は希望をつかみとって生きている。私のようにやってごらん」と言った。私が聞いた最後の肉声だった。

「女性人権運動家・金福童さん市民葬」は5日間続き、文在寅大統領ら6000人が弔問した。市民葬を締めくくる2月1日には金さんの棺を先頭に、約1000人が黄色の蝶や弔旗を手にして、ソウル広場から日本大使館まで粛々と行進した。被害者から人権運動家へ。変貌したその姿で人間の尊厳を示してくれた金福童さん。希望はつかみとるものだという彼女の最後の言葉を、私は忘れない。

(梁澄子・日本軍「慰安婦」問題解決全国行動共同代表、2019年2月8日号を一部修正)

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  4. 4

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  5. 5

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  7. 7

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  8. 8

    30万円給付に与党からも不満続出

    藤田孝典

  9. 9

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  10. 10

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。