記事

ドル持ち直す、米中協議など新たな動意待ち=NY市場

[ニューヨーク 21日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、朝方発表された一連の米経済指標が思わしくなかったことでドルは軟調になっていたが、米中通商協議や英国の欧州連合(EU)離脱協議などを見据え、相場を動かす新たな要因に視点が移ったことで、ドルは下げから回復した。

この日発表の経済指標では、昨年12月の耐久財受注統計で民間設備投資の先行指標とされるコア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の受注が前月から0.7%減と、市場予想の0.2%増に反して減少。この他、フィラデルフィア地区連銀が発表した今年2月の連銀業況指数はマイナス4.1となり、1月のプラス17.0から大幅に低下した。マイナス圏は2016年5月以来初めて。

キャピタル・エコノミクス(ロンドン)のシニア米国エコノミスト、アンドリュー・ハンター氏は「耐久財受注統計で、米経済成長率が近く潜在力の2%を下回る水準に減速するとの見方が改めて裏付けられた。これにより米連邦準備理事会(FRB)は年内は金利を据え置くと予想される」と述べた。

テンパス(ワシントン)のトレーディング担当バイスプレジデント、ジョン・ドイル氏は「軟調な経済指標を受けドルは当初下落していたが、こうした動きはその後収束した」と指摘。「現在はレンジ内の動きに終始している。相場を動かす新たな要因が出なかったため、今は動意待ちとなっている」と述べた。その上で、新たな動意は米中通商協議や英国のEU離脱協議に関連するものになる可能性を指摘した。

午後の取引で主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.2%上昇の96.611となっている。

ドルは対円<JPY=>で0.2%安の110.69円。ただ、対スイスフラン<CHF=>と対英ポンド<GBP=>では上昇した。

ユーロ/ドル<EUR=>は1.1343ドルと、ほぼ横ばい。

ドル/円 NY午後4時 110.68/110.71

始値 110.73

高値 110.83

安値 110.58

ユーロ/ドル NY午後4時 1.1337/1.1342

始値 1.1348

高値 1.1366

安値 1.1323

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  7. 7

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

  10. 10

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。