記事

自然災害への備えを、あらためて痛感

1/2
 ブログを書き終えたところで地震! 私がいる奥尻島はほとんど揺れませんでしたが、道内各地は大丈夫でしょうか。

 夜でもあるだけに被害の実態は、まだよくわかっていません。報道の範囲でしかわからないのというのも、もどかしい。今の時点では大きな被害が出ないよう祈るばかりです。

 今日は函館を経由して奥尻町へ来ました。奥尻ブルーと呼びたい青空と青い海を目にしながら、観光協会会長も務めている制野征男・元町議と、宣伝や懇談にまわりました。

 制野さんは前回の地方選で落選してしまい、今度の町議選で返り咲きをめざします。奥尻に移住した制野さんも今は島の隅々まで知り尽くしているだけに、とても心強い存在です。宣伝で回ったときにも、制野さんを見て手を振る方などが多くいらっしゃいました。

 島に着き、やっぱり最初は青苗地区へ。1993年に最大遡上高31.7mを記録した津波で、死者202名・行方不明者28名もの大きな被害を出した奥尻。献花をして、あらためて哀悼の意を表しました。今は津波の傷跡など見えない代わりに、高い防潮堤が当時の津波の高さを記録しています。あらためて被害の大きさに驚きます。

 漁業と観光が産業の柱である奥尻ですが、フェリーの「奥尻ーせたな」航路が今夏は休止するという突然の発表があり衝撃が広がっています。もう1つ「奥尻-江差」航路があるのですが、占める割合では、せたな航路が6割といいます。江差航路のほうがフェリー運賃も高いため、負担増も心配されています。

 役場では新村卓実町長と、商工会では明上雅孝会長・松川治樹事務局長と懇談させていただきました。この航路存続についても共通して話が出されたほか、飛行機も含めた交通体系、いわゆる「離島価格」での島民の負担なども苦労とともに、全国から「島留学」として奥尻高校へ来ていること、そのなかから漁師をめざす卒業生も生まれているとの明るい話にも耳を傾けました。

あわせて読みたい

「北海道」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  2. 2

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  3. 3

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  4. 4

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  5. 5

    韓国の対日手段に米国がストップ

    高英起

  6. 6

    参院選 共産党の変革ぶりに驚き

    早川忠孝

  7. 7

    タピオカ店店員「飲みたくない」

    文春オンライン

  8. 8

    日本財団会長 元SMAPをTVに出せ

    笹川陽平

  9. 9

    橋下氏 侮辱なければ日韓対立OK

    AbemaTIMES

  10. 10

    吉本問題 芸人らの仲裁が最適解

    山口利昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。