記事

強制不妊手術訴訟、全国初の原告尋問(大橋由香子)

飯塚さんと佐藤さんの応援に駆けつけた東京裁判の原告北三郎さん(左から2人目)と弁護団。(撮影/瀬山紀子)

飯塚さんと佐藤さんの応援に駆けつけた東京裁判の原告北三郎さん(左から2人目)と弁護団。(撮影/瀬山紀子)

旧優生保護法(1948~96年)のもと行なわれていた障がい者などへの強制不妊手術について国に謝罪と補償を求め2018年に提訴した原告らの証人尋問が2月8日、仙台地裁で行なわれた。

証言したのは原告・佐藤由美さんの義姉・佐藤路子さんと、原告・飯塚淳子さん(以上、全て仮名)。佐藤さんは、「由美さんは日常的にお腹が痛いと言っていた。痛々しい傷跡をみるたび何のための手術なのかと長年、疑問だった」と語った。中島基至裁判長から「(当時)国賠訴訟を起こせたか」と問われると、「役所に訴えに行っても、何が欲しくてきたのかと言われる力関係で、訴えるなど無理だった」と答えた。

飯塚さんは、中学3年生の時に知的障がいと見なされ施設入所。16歳で不妊手術をされ体調を壊したこと、結婚し養子を迎えたが離婚……という辛い人生を語った。障害者手帳もなく働けない体になったため年金も少ない。「人生を返してもらいたい。国にはちゃんと謝ってほしい」と訴えた。また、国側代理人の、飯塚さんの記憶や発言を試すような口調に対しては「そういう(差別的な)扱いをずっと受けてきたんです」と応じた。

次回は3月20日。結審ではないかと弁護団は見ている。

(大橋由香子・フリーライター、2019年2月15日号)

あわせて読みたい

「訴訟」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  2. 2

    深刻な院内感染 緊急事態宣言を

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  4. 4

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  5. 5

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  6. 6

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  7. 7

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  8. 8

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    マスク2枚?それなら小切手を配れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。