記事

【福島原発かながわ訴訟】「事故は防げた」。判決で国の責任を厳しく断罪。区域外避難の合理性認めるも、汚染や低線量被曝への言及避け「不安」への賠償にとどまる~横浜地裁

1/2

原発事故の原因と責任の所在を明らかにし、完全賠償を求めて神奈川県内に避難した人々が国と東電を相手取って起こした「福島原発かながわ訴訟」(村田弘原告団長)の判決が20日午前、横浜地裁(中平健裁判長)で言い渡された。1500ページにおよぶ判決で、中平裁判長は「被告国の規制権限不行使は著しく合理性欠く」などと国の不作為を厳しく断罪した。原発事故に対する国の法的責任を認めた地裁判決は5例目。一方で、避難指示区域外からの避難の合理性は認めたものの、LNTモデルの採用を退けるなど汚染や被曝リスクに正面から向き合わない判決だった。横浜地裁が認めた賠償額は計4億1963万7304円だった。

【「被曝」と向き合わずLNTモデル不採用】

 原発事故による放射性物質の拡散や汚染、それによる低線量被曝のリスクに対して正面から向き合わない判決だった。

 判決は、福島県福島市など政府による避難指示が出されなかった区域からの避難(いわゆる〝自主避難〟、〝区域外避難〟)の合理性について認めたものの、原告側が主張した「LNTモデル」(被曝線量と健康影響の間には、しきい値が無いとの考え方)を「低線量被ばくによるがんの発症リスクについての専門的知見は、無被ばく者が従前の被ばく量をわずかでも超える被ばくをすれば、がんの発症ほか健康上の影響を受けるということまで統計的に実証したものではないから、直接の基準とすることはできない」と一蹴した。

 一方で「『100mSv以下の被ばくについては他の要因による発がんの影響によって隠れてしまうほど小さい』との知見は、当該住民にとってみれば、もとの住所地に居住し続ける場合、将来がんに罹患したとしても、それが放射線被ばくを原因とするものなのか、喫煙その他の要因によるものなのかについてはおそらく判然としないであろうという事態を受忍して生活を続けるということにほかならず、そのような場合の精神的損害の額を、被告らが主張するように中間指針等が定める限度と認めることはできない」と認定。

 「第一義的にみれば、生命・身体の自由、生存権、財産権の侵害と構成できないが、それらとは別に平穏生活権や居住、移転の自由の侵害と構成できる」と避難指示区域とは区別した上で、被曝リスクへの不安も含めた「自己決定権侵害慰謝料」として原則1人30万円(子どもや妊婦は100万円、妊娠していない親が子ども一緒に避難した場合は原則60万円)を認めた。。例えば、妊娠していない母親が小学生の子ども1人と避難している場合には計160万円。東電から既に支払われた賠償金は差し引かれる。

 被曝の問題を担当し主張を積み上げてきた小賀坂徹弁護士は、閉廷後の記者会見で「避難指示区域からの避難について『ふるさと喪失慰謝料』という言葉を使って、その中に様々な権利侵害が含まれているとはっきりと認定した判決はおそらく初めてではないか」、「区域外避難の合理性を認めている判決であるとはっきり言える。避難指示区域外の方たちが被曝の影響を心配して避難した事については原発事故との因果関係があって、その損害は賠償されるべきだと判断されたという点は間違いない。

それによる賠償も、不十分だがこれまでの判決と比べてもそれなりの水準と言って良い金額が区域外避難者に対しても認められている。国の主張する『100mSv以下の被曝での健康リスクの小ささ』も否定している」と一定の評価をした。

 一方で「賠償の内容を考える上で、実際の被曝線量や健康影響に関する科学的な到達点から見てどうなのかというところを全部すっ飛ばしてしまって一般通常人から見てどうかという話になってしまったところが、賠償額の認定に大きく影響したのではないか」、「さまざまな知見を重ねてLNTモデルに従う避難は科学的に合理的だと主張したが、裁判所には十分に伝わらなかった。極めて残念」、「母子避難に対してはそれなりの賠償額が認められたが、賠償額を大幅に引き上げるまでには至らなかった」とも語った。

 「被曝リスクへの不安」が認定された事自体は、福島県内で不安を抱えながら子育てをしている人たちへの朗報であると言える。しかし、避難指示解除準備区域から5年以上避難している原告に対して900万円の慰謝料が認められたのに比べると、やはり〝自主避難〟への賠償額はあまりにも少ない。国の中間指針を否定しながら、結局は国の線引きに依拠した判断だった。









①弁護団は「勝訴」を掲げ歓声もあがったが、複雑な表情を見せる原告も。国の責任に対しては厳しい判決となったが、放射能汚染や被曝リスクには必ずしも正面から向き合っている判決では無い
②大勢の支援者や他地裁の原告が集まる中、ミュージカル「レ・ミゼラブル」の「民衆の歌」に送られて入廷した原告団や弁護団。京都訴訟の原告団からは、六角堂頂法寺のお守りが届けられた
③閉廷後、報告集会で判決について分析した見解を発表した弁護団。黒澤知弘弁護士は「国の法的責任が繰り返し断罪されている。意味のある判決だ」と語った
④都内に移動し、東電本社前でマイクを握った原告団長の村田弘さん。声明文を東電に提出し、判決を受け入れるよう求めた

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  4. 4

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  5. 5

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  6. 6

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  7. 7

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  8. 8

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  9. 9

    横浜スタジアム満員実験は無謀か

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。