記事

ドコモ、au、ソフトバンク、大手携帯キャリアはSNSをどう活用しているのか?

1/2


SNSの消費者への影響力が高まるに連れて企業のSNS活用が盛んになっており、複数のSNSを効率的に活用している企業も増えています。
今回はドコモ、au、ソフトバンクのモバイル端末キャリア大手3社を例に、複数のSNSアカウントをどう活用しているのかについて見ていきます。

    ■目次
  1. 調査対象社、調査内容
  2. 保有しているSNSアカウントの概要
  3. 投稿コンテンツの内容や頻度とユーザーコミュニケーション
  4. キャンペーン施策実施状況
  5. UGCや口コミの発生状況
  6. まとめ

調査対象社、調査内容

今回、調査対象とするのは、ドコモ、au、ソフトバンクのモバイル端末キャリア大手3社です。この3社がFacebook、Twitter、Instagram、LINE、YouTubeの5つのSNSアカウントをどのように活用しているのか、実際の投稿を見ながら比較していきます。

保有しているSNSアカウントの概要

それでは具体的にそれぞれが運用しているSNSアカウントの概要について見ていきます(すべての数字は2019年2月7日現在のものです)。

ドコモ(docomo)



ドコモの各アカウントへのリンクは次の通りです。

Facebook

Twitter

LINE (URLはスマートフォンからのみ遷移可能)

YouTube

au



auの各アカウントへのリンクは次の通りです。

Facebook

Twitter

Instagram

LINE (URLはスマートフォンからのみ遷移可能)

YouTube

ソフトバンク(SoftBank)



ソフトバンクの各アカウントへのリンクは次の通りです。

Facebook

Twitter

Instagram

LINE (URLはスマートフォンからのみ遷移可能)

YouTube

投稿コンテンツの内容や頻度とユーザーコミュニケーション

次に各社の投稿しているコンテンツ内容や頻度、ユーザーとのコミュニケーションをSNS別に見ていきます。

Facebook

ドコモ(docomo)

更新頻度は週に4~5回で、主な投稿内容は「キャンペーン、企業・店舗情報、LINEスタンプ、商品情報、Webコンテンツ紹介」です。そのなかでも多いのがドコモのキャラクター「ドコモダケ」やポイントのキャラクター「ポインコ」を使った投稿です。人よりもキャラクターを前面に出すことで、ユーザーに少しでも親しみを持ってもらおうという意識が感じられます。コメントに対する返信はしていません。



投稿①

投稿②

au

投稿頻度は週に2~3回で、主な投稿内容は「キャンペーン、クイズ、商品情報、CM情報、イベント情報」です。また「#おもいでケータイ」のハッシュタグを使い、過去に発売された商品を紹介するコンテンツもたびたび投稿しています。これらの投稿も含め全般的に問いかけ的な投稿が多く、特にクイズやおもいでケータイへの投稿に対するコメント数は200件を超えているものもあります。ユーザーとの直接的なやりとりはありませんが、クイズの回答をコメント欄に書いていることから、積極的にコミュニケーションをとっている印象を受けます。



投稿①

投稿②

ソフトバンク(SoftBank)

ドコモ、auに比べ投稿頻度が高く、基本的に1日1回、週で10~15回の投稿があります。主な内容は「キャンペーン、企業取り組み、商品情報、取材内容、プレゼント情報、CM情報」ですが、そのなかでもプレゼントや取材内容の投稿が多いようです。コメントに対する返信はしていません。



投稿①

投稿②

Twitter

ドコモ(docomo)

更新頻度は週に4~5回でFacebookとほぼ同様です。主な投稿内容も「キャンペーン、企業・店舗情報、LINEスタンプ、商品情報、Webコンテンツ紹介」とFacebookと大きな違いはありません。ただし地震発生時の災害用音声お届けサービスや災害伝言板の提供開始のお知らせのような、速報性を生かした投稿はTwitterならではといえます。また訪日外国人向けの情報を英語で投稿しているのも、公開性の高いTwitter独自のものです。基本的にユーザーとの直接的な会話はほぼありません。



投稿①

投稿②

投稿③

au

投稿頻度は1日に3~6回とかなり高くなっています。主な投稿内容も「Twitterキャンペーン、クイズ、○○の日、日替わりの挨拶、アンケート、イベント情報、au関連ニュース速報」とFacebookよりも多岐にわたっています。またイベントの実況などもあり、Twitterのリアルタイム性を生かした投稿も多いようです。コメント欄でのユーザーとの直接的な会話も多く、コミュニケーションを重視した運用がなされています。



投稿①

投稿②

ソフトバンク(SoftBank)

投稿は1日に2~4回とau同様、Facebookよりも高い頻度で投稿されています。主な投稿内容は、「キャンペーン、企業の取り組み、商品情報、取材内容、役立ち情報、CM情報、アンケート」とFacebookとそれほど大きな差はありませんが、ドコモ、auと同様に速報性、リアルタイム性を生かした投稿が多く、決算説明会のライブ配信もしています。また身近な生活情報やキャンペーンをクイズ形式で紹介するなどすることでコミュニケーションを取っています。基本的にユーザーとの直接的な会話はほぼありません。



投稿①

投稿②

Instagram

ドコモ(docomo)

アカウント未開設

au

投稿頻度は週4~5回で、主な投稿内容は「季節のテーマ別フォトジェニックポイントの紹介」です。#置き画倶楽部と#スマホジェニックというハッシュタグを使い、スマートフォンのカメラでおしゃれな写真を撮影するテクニックを紹介しています。また直接的な会話はほとんどありませんが、ユーザーが撮影したおしゃれ画像を投稿に活用しています。おそらく、個別にユーザーに連絡し、使用許可を撮っているのではないでしょうか。

ほかのSNSで投稿しているような宣伝や商品紹介はほとんどないのも特徴の一つです。



投稿①

投稿②

ソフトバンク(SoftBank)

投稿頻度は月に1~2回と少なめです。主な投稿内容は「オリジナルタグに沿った風景画像」です。「#ここでもつながるソフトバンク」というハッシュタグを使い、全国の美しい風景と併せて全国各地でソフトバンクが使えることをアピールしています。ユーザーとのコミュニケーションはありませんが、au同様にInstagramの特色に合わせ宣伝色の強い投稿はなく、美しい風景をオリジナルのハッシュタグに載せて投稿しています。



投稿①

投稿②

あわせて読みたい

「広告・マーケティング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  2. 2

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  3. 3

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  4. 4

    イランによる船襲撃としたい米国

    猪野 亨

  5. 5

    安倍政権に逆風 同日選が再浮上

    PRESIDENT Online

  6. 6

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  7. 7

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  8. 8

    百恵さん 素顔撮影で復帰に期待

    NEWSポストセブン

  9. 9

    現実見えぬ文大統領の致命的鈍さ

    NEWSポストセブン

  10. 10

    噂の人物 正体は米軍最強シェフ

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。