記事

ワクワクさんがYouTuber!活動30年で新天地の理由


「つくってあそぼ」(NHK Eテレ)でお馴染みの“ワクワクさん”こと久保田雅人氏(57)が2月19日、YouTubeチャンネルを開設した。

久保田氏は同日、Twitterで「ワクワクさんのYouTubeチャンネルがはじまりました! 楽しい工作をたくさん紹介していきますよ」とツイート。さらに「みんな登録してね。宜しくお願い致します!」と呼びかけている。

久保田氏といえば16年6月に人気ユーチューバー・水溜りボンドとコラボした動画も大きな話題に。現在同動画は、250万回近い再生回数をほこっている。

そんななか、ついに単独でYouTuberデビューを果たした久保田氏。その反響は大きく、同ツイートは2万回以上のリツイートと2万3千回以上の「いいね」を記録。さらに喜びの声も上がっている。

《わくわくさんがYouTubeやってるんですって! そんなんチャンネル登録するに決まってんじゃない!》

《YouTubeのわくわくさん見て1人で「すげえ! わくわくさんすげえ!!」ってなってる わくわくしてる》

《わくわくさんyouTubeとの親和性高すぎるやろ これ系で天下取れるぞ》

ワクワクさんは今年、ゴロリとともに生誕30周年を迎える。実は放送開始当初、ここまで続けるとは久保田氏も思ってもなかったようだ。

「もともと久保田さんは俳優になりたかったそうですが、知人の紹介で『つくってあそぼ』への出演が決定しました。テレビに出たことがほとんどなかった上に、喋りながらの工作に悪戦苦闘。初めはスタッフに叱られてばかりだったそうです。その悔しさもあって4年ほど経ったころ、ワクワクさんの仕事一本に絞ったといいます」(テレビ局関係者)

しかし、そうするなかで使命感が生まれたようだ。

「次第に『もっと多くの子供たちに作る喜びを感じてほしい』という使命感が生まれたそうです。工作の講演回数は『つくってあそぼ』の放送終了時で延べ4,000回以上。訪れたことのない都道府県はないほどです。今回のYouTuberデビューも『より気軽に工作を楽しんでほしい』という考えがあるようですね」(前出・テレビ局関係者)

13年3月の「つくってあそぼ」終了時に久保田は自身のブログで、“ワクワクさんを引退することはない”と明かし「私が老いて、工作ができなくなるまで続ける覚悟です。皆さん、これからも宜しくお願いいたします」とつづっていた。YouTubeという新たな場でも、その挑戦は続くことだろう。

あわせて読みたい

「YouTube」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  6. 6

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    神奈川県で過去最多1686人の感染確認 6日連続1000人超

    ABEMA TIMES

    08月02日 20:24

  10. 10

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。