記事

有権者によるメールでの選挙運動解禁の検討【若者政策推進議連第六回総会】

1/2
2019年2月12日に行なわれた若者政策推進議連第六回総会

2018年5月24日に設立された超党派の若者政策推進議員連盟(会長:自民党・牧原秀樹衆議院議員、通称若者議連)。昨年の通常国会では、被選挙権年齢引き下げと供託金額引き下げについて提言をまとめ、各政党の政調会長に対し申し入れを行なったが(提言文章)、今国会では「第三者によるメールでの選挙運動の解禁」の検討を進めている。

2019年2月12日に行なわれた、第六回若者政策推進議連総会では、情報セキュリティ大学院大学学長補佐・情報セキュリティ研究科 湯淺墾道教授と総務省自治行政局選挙部選挙課 土屋直毅企画官を講師に、第三者によるメールでの選挙運動規制の経緯や論点、規制を廃止した場合の問題等についてヒアリングを行なった。

LINEやSNSのメッセージ、落選運動は一般の有権者も送信可能

2013年7月に行なわれた第23回参議院選挙以降、解禁されたインターネット選挙運動。

今では多くの候補者や政党がインターネットを活用し、選挙運動を展開しているが、急速に変化するインターネット環境の中で整合性の取れていない規制が散見される。

その中でもっとも違和感の大きい規制の一つが、電子メールの取り扱いだ。

現状、有権者が投票の呼びかけなどの選挙運動を行う際には、Gmailなどの電子メール(SMTP方式)は違法だが、LINEやフェイスブックのメッセンジャー機能は合法とされている。

一方で、特定の候補者の落選を促す、落選運動用のメールは有権者も送信可能になっており、「メール受信者からみれば、選挙運動用メールと落選運動用メールの相違に合理性がない」(湯淺教授)。

インターネット選挙運動解禁ガイドライン

ネット選挙解禁の際には、各党でメールの規制をどうするか検討が行われたが、現状の規制になった理由は大きく3つ。

一つは、メールは密室性が高く、誹謗中傷やなりすましに悪用されやすい点。

次に、複雑な送信先規制等を課しているため、一般の有権者が処罰の対象になりかねない点。

最後に、ウイルスなどの悪質なメールにより被害が出る恐れがある点。

しかし現実的には、メールと一対一のLINEで密室性が大きく変わるとは言えず、アカウント乗っ取りやフェイスブックを使ったフィッシングサイトへの誘導などといった問題は、SNSやショートメッセージでも発生しており、メールだけ特段リスクが高いとは言い難い。

また、湯淺教授によると、なりすまし対策は「送信ドメイン認証技術や金融機関のように電子署名を使えば技術的には可能」だという。

インターネット選挙解禁時の検討経緯

一方、ネット選挙運動が解禁された際には附則第5条として、「電子メールを利用する方法による選挙運動については、次回の国政選挙後、その実施状況の検討を踏まえ、次々回の国政選挙における解禁について適切な措置が講ぜられるものとする」と書かれているが、次々回の国政選挙に当たる2019年参院選に向けては、こうした規制緩和についての議論が活発に進められているとは言えず、早急な検討が期待される。

公職の候補者及び政党等その他政治団体以外の者が行う電子メールを利用する方法による選挙運動については、次回の国政選挙後、その実施状況の検討を踏まえ、次々回の国政選挙における解禁について適切な措置が講ぜられるものとする。

出典:公職選挙法改正法 附則第5条

あわせて読みたい

「ネット選挙運動」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  7. 7

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  8. 8

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  9. 9

    YouTuber逮捕は氷山の一角、児童の「自画撮り被害」という社会問題

    NEWSポストセブン

    04月11日 17:28

  10. 10

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。