記事

【読書感想】日本の「中国人」社会

1/2



日本の「中国人」社会 (日経プレミアシリーズ)

Kindle版もあります。



日本の「中国人」社会

内容(「BOOK」データベースより)

日本の中に、「小さな中国社会」ができていた!住民の大半が中国人の団地、人気殺到の中華学校、あえて帰化しないビジネス上の理由、グルメ中国人に不評な人気中華料理店―。70万人時代に突入した日本に住む中国人の日常に潜入したルポルタージュ。

 海外の「日本人が多い地域」や日本人駐在員とその家族の生活などは、それなりに知る機会が多いのです。

 それに対して、日本に住んでいても、「日本に住んでいる外国人の日常」について話題になるのは、何か事件が起こったり、日本で過酷な労働を強いられている「留学生」や「実習生」が問題になるときがほとんどです。

 僕にも、最近、コンビニなどのサービス業で、外国から来ている人をよく見かけるようになったなあ、という印象はあるのですが。

 今、中国人コミュニティが日本にすっぽり入り込んでいるかのような地域がいくつもできている。

 東京でいえば、新宿、池袋、亀戸、錦糸町、葛西あたり。大阪では西成地区など。これらの街のある一角に足を踏み入れると、自分のほうが異邦人になったかのような感覚にとらわれる。中でも象徴的なのは埼玉県川口市と神奈川県横浜市だ。

 詳細は第1章で紹介するが、人口約60万人の川口市には約2万人の中国人が住み、その多くが西川口と蕨というJRの駅周辺に集中している。自治体別の在留中国人数では、川口市では全国で第五位。東京都、大阪市などの大都市を除くと、川口市の多さはひときわ目立つ。

 西川口には新興のミニ中華街ができ上がっており、藪には芝園団地という中国人率が圧倒的に高い集合住宅もある。

 一方、横浜市にある横浜中華街は神戸や長崎と並び「日本三大中華街」と呼ばれ、古くから”中国人比率”が高かった。そこには老華僑(1978年の中国の改革・開放以前に来日した中国人)が住み、何世代にもわたって中華料理店を営んできた煌びやかなストリートがある。いわば観光客向けのチャイナタウンだ。

 しかし、そこからわずか数キロ離れた横浜市南区にある”ごく普通の住宅地”には、近年になって新たに流入してきた若い世代の中国人が集住している。その学区内にある小学校は、児童の約四割が中国人なのだという。その学校を訪れ、休み時間に廊下を歩くと、元気よく響く児童たちの声の多くが中国語だった。

 なぜ、この二つの地区に中国人が集まるようになったのか。

 近年、とくに2000年以降、日本に住む中国人の数は急カーブで増え続けている。総務省の統計によると、2017年末時点で、約73万人(台湾・香港を除く)に上り、在日外国人全体(約256万人)の約3分の1を占める。

 短期や公務での滞在者などを含めると約87万人、日本国籍の取得者(帰化者)などを合わせると約97万人と、その数は100万人に迫る。2000年は約32万人だったが、3倍近くに増加した。実に、日本に住む120人に1人が「中国人」なのである。

 日本に住む中国人は、20年足らずで3倍に増えているのです。

 地域による偏りもあるので、僕はそこまで急激に増えているという実感はなかったのですが(博多に観光に来ている中国人らしき人がたくさんいるなあ、とは思っていたけれど)、両国の政治的な関係はともかく、人の行き来はこんなに活発になっています。

 そして、不法滞在者が多い、というのも、もはや昔の話で、法務省などの「高度外国人材の受入れ・就労状況」によると、国籍・地域別高度外国人材として日本で働く全外国人のうち、65%が中国人で、圧倒的多数を占めているそうです(二位は米国人、三位はインド人)。

 外国人犯罪の検挙数も右肩下がりで、とくに中国人の検挙数は2010年ごろから劇的に下がっており、男女比では、6対4で女性が多く、構成比では20〜39歳が全体の58%を占めている。

 外国人労働者の受け入れをすすめつつある現在の日本なのですが、すでに、かなりの中国人たちが日本の社会を支えているのです。

 日本で生活する中国人たちには、グループチャットのコミュニティがあって、「日本の結婚式には何を着ていったらいいですか?」「子どもの運動靴を洗うなら、どの洗剤がいいですか?」「入管(入国管理局)は、新宿と立川とどちらの出張所が空いていますか?」など、硬軟とりまぜて、さまざまなやりとりがなされているそうです。

 日本の『LINE』でのグループと同じようなことを、日本の中国人たちもやっているのです。

あわせて読みたい

「日中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    女子大生が教える最新ラブホ事情

    BLOGOS編集部

  2. 2

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    東京五輪後は一切面倒見ないIOC

    舛添要一

  4. 4

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  5. 5

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  6. 6

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  7. 7

    解雇規制緩和を主張する人の矛盾

    非国民通信

  8. 8

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  9. 9

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  10. 10

    橋下氏 目に余る政権の文書廃棄

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。