記事

ドル下落、米中通商協議への期待感で=NY市場

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドル指数が下落。米中通商協議の再開が貿易摩擦の解消につながるとの楽観的な見方を背景に安全資産であるドルの持ち分を減らす動きが広がった。

ブルームバーグテレビは18日、ホワイトハウスが通商合意の一環として人民元切り下げを行わないよう中国側に求めていると報じた。

オアンダの首席外為ストラテジスト、ディーン・ポップルウェル氏は「貿易に関するポジティブなニュースを期待している」と指摘。「ドルは安全資産としての魅力が低下するため、下押し圧力がかかる」と述べた。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.42%安の96.5。15日には97.368と12月17日以来の高値をつけていた。

オフショア人民元<CNH=EB>は対ドルで6.7425元と2週ぶりの高値をつけた。

18日の米金融市場はプレジデンツデーのため休場だった。

他の主要通貨では、スウェーデンクローナが下落。同国の1月のインフレ率が鈍化したことを受け、対ドル<SEK=D3>では1%超下落の9.4180クローナと2年ぶりの安値、対ユーロ<EURSEK=D3>でも10.621クローナと9月以来の安値をつけた。

通商面における楽観的な見方を背景に、ユーロ/ドル<EUR=EBS>は0.25%上昇の1.13410ドル。ただユーロ圏の経済見通しに対する不透明感からドイツ国債を中心とするユーロ圏国債利回りが低下し、ユーロの重しとなった。

一方、ユーロは対ポンドで下落。英国の賃金が2018年終盤も10年ぶりの大幅な伸びを維持したことを受け、ユーロ/ポンドは0.83%安の0.8680ポンド、ポンド/ドルは1.13%高の1.307ドルだった。

ドル/円 NY午後4時 110.59/110.62

始値 110.77

高値 110.79

安値 110.50

ユーロ/ドル NY午後4時 1.1342/1.1347

始値 1.1282

高値 1.1357

安値 1.1277

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  3. 3

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  6. 6

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  7. 7

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  10. 10

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。