記事

仏大統領「ブレグジットはEUへの警鐘」、演説で指摘へ=関係筋


[パリ 18日 ロイター] - フランスのマクロン大統領は今後数週間に行う演説で、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)はEUへの警鐘だと指摘し、EUは国際的な発言力を強める必要があると訴える見通しだ。大統領に近い関係筋が明らかにした。

大統領の側近は今回の演説について、影響力を示すことや自らを守ることができていない欧州への「警告射撃」の意味合いがあるとし、マクロン氏が2017年9月にソルボンヌ大学で行った演説でEUの抜本的改革を訴えて以来の重要な演説になると述べた。

大統領に近い関係筋の1人は「現在は極めて重要な時期にある」とし、「英国以外に離脱国が出るのを防ぎ、現状維持に陥らないために、欧州は目を覚ます必要がある」との見方を示した。

仏大統領府は18日、マクロン氏の演説は2月終わりか3月初めに行われると明らかにした。具体的な日程と場所は確定していないとした。

マクロン大統領はブレグジットについて、トランプ米政権の誕生や「黄色いベスト」と呼ばれるフランスの反政権運動につながったのと同じ現象で、グローバル化や権力層への反発が背景にあるとみている。

今回の演説でマクロン大統領は、厳しい世界環境の中でEUをより強力なプレーヤーと考えるべきだと他の加盟国に訴える考えだ。

関係筋は「EUは域内の規制を比較的うまく整備し、平和な地域を築いたが、過酷な世界でどのように振る舞うべきかはまだ理解していない」と語った。

あわせて読みたい

「ブレグジット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    辻元氏が個人党会費の転用を否定

    辻元清美

  2. 2

    肺炎対応で読み取る各国の戦時中

    奥山真司

  3. 3

    TBS出演医師 テレ朝でも政府批判

    水島宏明

  4. 4

    楽天の三重苦 送料無料は無理筋

    大関暁夫

  5. 5

    コロナ検査で病院へ行くのは愚か

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    「安倍首相どこ」肺炎対応で批判

    ロイター

  7. 7

    定年延長の違法性示す資料を発見

    田中龍作

  8. 8

    中国で新たに433人が肺炎に感染

    ロイター

  9. 9

    速すぎるインターネットの弊害

    fujipon

  10. 10

    コロナ報道に消耗 不安を煽るSNS

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。