記事

都議会史上、前例なしか?3会派が退席・欠席する中、「小池知事与党」2会派のみで強権進行

1/2

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

本日は先週木曜・金曜と深夜2時過ぎに及んでも決着がつかなかった、財政委員会の理事会が再開。

参考過去記事:
●100名以上の都庁職員も終電逃す?議会の「0時流会」慣習はなんとかならないのだろうか…
●進まないのは誰のせい?都議会における委員長の「権限」と「責任」

「小池知事を参考人招致して、しっかりと築地市長跡地について議論するか否か」
「そのために、合同審査会を設置するか否か」

大きくこの2点を巡って会派間の意見が別れ、膠着状態に陥っています。

結論から申し上げますと本日、全会一致が大原則・不文律である常任委員会理事会において、3会派が退席・欠席する中、2会派のみで進行が決定されるという前代未聞の展開となってしまいました。

これが許されるのであれば、「委員長」を持つ会派がすべてを独裁することすら理論上可能となる、極めて由々しき事態であり、当会派としては厳重抗議の上で、本日の決定撤回を求めていく所存です。

まず簡単に、共有できる範囲で本日の流れを振り返りますと。

※財政委員会の理事会構成は、

↓↓

委員長1名 公明党
副委員長2名 都民ファ、自民党
理事3名 都民ファ、共産党、維新あたらしい(私)

↑↑

断続的に行われていた「水面下協議」もうまく行かなかったようで、本日13時から再開された理事会は冒頭から、理事が全員揃わないという事態に陥ってしまいました。

もう欠席者は欠席者として委員会を進行させたい会派と、理事が欠ける状態では理事会が成立していない・意思決定ができないはずだと主張する会派で激しく意見が別れ、断続的に休憩・再開が繰り返されます。

もちろん私としても、「ボイコット」まがいの戦術が好ましいものだとはまったく思っていません。どこかのタイミングで意見をまとめなければならない、という委員長の責務についても理解しています。

ただ、そもそも本日は財政委員会が予定されておらず(財務局長不在のため、もともと開催不可)、明日19日の13時から開催されることになっています。

であれば、明日の委員会までまだまだ時間はあります。

深夜まで職員を待機させて会派間交渉をする必要はまったくありませんが、理事会は夕方で締めて、翌日の昼まで会派間交渉・理事会正常化の努力を続ける時間は十分にあったはずです。

私およびもう1会派は、小池知事が出席するか否かという論点は極めて重要なものであり、翌日の日程もまだ残したまま、理事が欠ける中で意思決定をすることは認められないと再三に渡って申し上げました。

それでも委員長が強引に理事会を「(知事を呼ばない方向で)取りまとめ」しようとしたため、誠に遺憾ではありますが、私ともう1名の理事は2会派で理事会の場から退席を致しました。

その後、3会派(理事6名中3名)が不在となる中で理事会は進行し、

・小池知事は委員会に招致しない
・合同審査会も行わない

ということが意思決定されたようです。

あわせて読みたい

「都議会議員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  3. 3

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  4. 4

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  6. 6

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

  7. 7

    無責任に石炭火力削減を叫ぶ朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    PayPayに追随した電子決済の末路

    PRESIDENT Online

  10. 10

    飲み会解禁する会社の多さに衝撃

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。