記事

トヨタ「KINTO(キント)」は何がすごいのか

利用者が毎月、定額を支払う「サブスクリプション」型のサービスが広がっています。トヨタ自動車は、日本のメーカーで初めて、クルマの定額利用サービスに乗り出しました。自動車メーカーが定額サービスを手掛ける意味はどこにあるのでしょうか。

※キント社長の小寺信也氏

トヨタの定額利用サービスは、3年間で一台のトヨタ車に乗ることができる「キントワン」と、3年間で6種類のレクサスブランドを乗り継ぐことができる「キントセレクト」の二種類です。

どちらも、任意保険の支払い、自動車税、登録諸費用、車両の定期メンテナンスが月額料金に含まれています。

事業化の発端は、「新しいクルマの売り方を考えてほしい」というトヨタ社長の豊田章男氏の一言だったと、キント社長の小寺信也氏は述べました。

実際、国内の新車市場は縮小の一途をたどっています。従来の販売方法では、トヨタの国内5000店舗の販売店は生き残れません。

この苦境を乗り切るために、トヨタは、定額制を採用した新たなビジネスモデルの取り組みを決断したんですね。

「不透明な将来に向けて先手を打ったんですね。このチャレンジは、およそ従来のトヨタでは考えられないことです」(小寺氏)

事業化には、スピードが求められました。小寺氏は、「スタートアップ企業なら、どういう仕事の進め方をするだろうと考えました」と語りましたが、だからこそ、トヨタはお得意の〝自前主義〟を捨てて、住友三井オートサービスと手を組みました。

トヨタは、「キント」で何をしようとしているのか。

定額サービスで気軽にクルマを利用してもらうのは当然ですが、それに加えて、インターネットを通して顧客とつながるところに、トヨタは新たな商機を見ています。

「キント」は、全国の販売店に加えて、インターネットからも申し込みができます。実店舗とインターネットの双方から顧客とつながることで、顧客に適切なサービスを提供しつづけることができます。

トヨタは、クルマへのDCM(車載専用通信モジュール)の標準搭載を進めています。つまり、「キント」のクルマが走れば走るほど、DCMにデータが集まってくる。そのデータを分析すれば、顧客一人一人にマッチしたサービスを提供できる。そこにトヨタの狙いがあります。

また、「キント」は、顧客の運転の安全の度合い、エコの度合いなどを判定し、それに応じたボーナスポイントを還元するのも特徴です。判定は、DCMを通してモニターされることが想定されます。

「クルマの使われ方がリアルにわかるようになります。つまり、データの積み重ねが商品開発にも生かせます。ゆくゆくは、技術開発とデータをシェアして、自動運転の開発にも役立てていければ」と、小寺氏は述べました。

トヨタが注目しているのは、データ活用による価値の創出です。その意味で、サブスクリプションが自動車メーカーにもたらす可能性は小さくないといえるでしょう。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行き詰まる韓国 中国に寝返るか

    ヒロ

  2. 2

    廃棄HDD漏洩 開いたパンドラの箱

    山口利昭

  3. 3

    ブラタモリへのツッコミこそ誤り

    新井克弥

  4. 4

    山中教授が「被害者」になる日本

    やまもといちろう

  5. 5

    加藤浩次 堀江氏無視してTV一本

    AbemaTIMES

  6. 6

    糖質制限を覆す研究 Nスぺに驚き

    NEWSポストセブン

  7. 7

    氷川きよし新路線に事務所難色か

    文春オンライン

  8. 8

    N国丸山氏を糾弾する危険な正義

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    山本太郎氏 米軍から自主独立を

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  10. 10

    台風被害タワマン住民が現状語る

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。