記事

トランプ氏のツィートは全部FoxNewsがネタ元?

トランプ大統領のTweet、相変わらず過激ですね。今朝の段階で見ると、右派のラジオパーソナリティ、ラッシュ・キンボーグ氏の発言として「(大統領のロシア疑惑などを捜査している)ミューラー(特別検察官)の配下の捜査員は全員、刑務所に入れておくべきだ」などという発言を、そのまま、引用してアップしています

日本時間18日正午過ぎの段階で「いいね」が9万近くで、リツィートとコメントが3万近くです。そして、このツィートは、Daily Mailで大々的に報じられるなど、メディアの関心を引いています。

そして、半日前には、おなじみのこのセリフ。

操作され、堕落したメディアは「人民の敵だ!」。こっちには先に紹介したツィートの倍近い反応です。

なにせ、フォロワー5800万人を超えるだけに、メディアも無視できず、こうした過激発言があるたびに、何らかの対応が出てきます。

で、昨日、CJR(コロンビアジャーナリズムレビュー)の記事で初めて知ったのですが、トランプ大統領のツィートと、そのネタの出どころを専門に追跡している研究者がいるのですね。

Matt Gertzさんといいます。米国の保守系メディアをモニター、分析し、誤った情報を修正するというがミッションのMedia MattersというNPOのシニア・フェローということです。(彼の関連ブログはここ

そのインタビュー記事はとても興味深いので、関心のある方はぜひ、通読していただきたいのですが、ここでは、その要点をいくつか紹介します。

一言で言うと、トランプ氏のツィートは最大の保守系メディア、Fox Newsの放送内容と連動してるということです。

なぜ、そう言えるか。Getrzさんは、トランプ氏がツィートを乱発する時間に合わせて、7時半に出勤します。そして、Fox Newsのビデオアーカイブと付き合わせて、その中身の関連をチェックしているのです。これを2017年の10月から続けているそう。それで、確信に至ったようです。

実は、今月初め、トランプ氏の一日のスケジュールが大量にリークされ、人気のデジタルメディアAXIOSが報じました。それによると、大統領は、補佐官らによるDaily Briefingのある11時まで、執務室のオーバルオフィスには現れません。一応、執務時間は8時ー17時なので、3時間はサボってる感じですが、そこは日程表では「Executive Time」と言うことになっています。

この単語をググってみますと「一人でテレビを見たり、スマホでゲームをしたりといった非生産的なことで時間を潰すこと」といった辛口の説明がありました。しかしexecutiveには「政策を立案する」という意味もありますから、まあ、中身はわからないけど大統領が一人で考えてる自由時間、くらいな意味でしょう。それは「勤務時間」の60%を占めていました。(AXIOSが報じたトランプ氏の過去の日程表をグラフ化し、そこにツィート発信時間・件数を加えた労作をワシントンポストが作成しています)

で、その朝の自由時間や週末に自分のゴルフクラブやフロリダの別荘で、Foxテレビを見てはツィートするのです。(ウィークディの日中は会議などがあるのでFox連動のツィートは少ないよう)

それがどう連動しているかの一例を、Gertzさんのツィート履歴をもとに、ワシントンポストのPhilip Bump記者が整理してくれています。

こうです。まず、Foxの朝6時から9時までのトーク番組「Fox and Friends」では、こんなことが話題になりました。

午前6時08分:番組で出演者が「民主党は議事妨害者だ」と発言。

同6時12分:番組で民主党下院議員が「軍事行動で死亡した兵士の未亡人と話した」というコメントを流す。

同6時28分:NFLの抗議行動について議論する

そして、その後からトランプツィートが続きます。

午前6時38分:いかに、民主党はトランプの望む法案に投票しないか。

同7時06分:NFLのトラブルについて。

同7時25分:上記の民主党議員の発言について「全体として未亡人との会話をでっち上げてる」と。

時間的に多少のずれはありますが、ことごとくFoxの番組関連でした。

Gertz氏のあげる最近の例はこうです。

今年1月29日のもので、「2016年大統領選についての本を読んだ。興奮した」とあります。

しかし、この本は2年前に出たもので、Gertz氏は、それが例の朝番組Fox and Friendsで取り上げられたことを指摘します。そしてこうも。「大体、大統領は実際には本など読まない」

このほか、大統領は、午後7時からのLou Dobbs Tonightと午後9時からのHannityといった保守系ホストの番組もお気に入りのようですこのように、大統領がFoxの番組をよく見てることはFox自身が承知していて、意に沿うような報道をしているとGertz氏は見ているようです。官庁の一部閉鎖や、ごく最近の国境の壁建設予算確保のための非常事態宣言も、Foxが前々から繰り返し主張していたことだそう。

非常事態宣言については、ニューヨークマガジンも、「彼は政治がわかってない。単なるFoxNews中毒だ」という刺激的な見出しでGertz氏の見方に与しました。

先に紹介したようにGertz氏の所属するMedia Mattersは、保守系メディアを牽制する立場のようですから、「Foxテレビしか見ない」などという主張は割り引いて考える必要があるかもしれません。(ボブ・ウッドワード氏の「恐怖の男ートランプ政権の真実」では、「一般に思われているよりずっとトランプは新聞をじっくり読む」などとありますし)

でも、冒頭にあげたラッシュ・キンボーグ氏のラジオでの発言を報じたのもFoxNewsでした。FoxNewsの大統領への影響力はメディアの歴史でも空前絶後なんじゃないかと思わされます。

そしてGertz氏はこうも語っています。「米国の大統領は、望めば誰にでもアクセス出来、連邦政府の有する全ての情報にもだ。なのに、彼の日常はこの馬鹿げたプロパガンダ風の番組を見ることから1日が始まるのだ。そして、その断片をツィートするのだ」

まあ、こっちの方も、トランプ大統領のツィートに負けないぐらい過激な言い方ではありますが。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  2. 2

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  3. 3

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  4. 4

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  5. 5

    韓国の対日手段に米国がストップ

    高英起

  6. 6

    参院選 共産党の変革ぶりに驚き

    早川忠孝

  7. 7

    タピオカ店店員「飲みたくない」

    文春オンライン

  8. 8

    日本財団会長 元SMAPをTVに出せ

    笹川陽平

  9. 9

    橋下氏 侮辱なければ日韓対立OK

    AbemaTIMES

  10. 10

    吉本問題 芸人らの仲裁が最適解

    山口利昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。