記事

自分の信用度はいくつ?注目の信用スコアサービス「AIスコア」

日本でも始まる信用スコア

「信用スコア」普及の流れが加速している。信用スコアとは客観的に自らの“信用度”を数値化したもので、アメリカや中国などFintech先進国では、金融機関などでの融資審査や資産運用にも活用されるなど、すでに日常生活においても広く普及しつつあるのだ。

そして、その信用スコアが日本でも広がり始めている。中でも市場のけん引役として、すでに信用スコアサービスを展開している「J.Score(ジェイスコア)」が注目を集めている。

AIによって自分の「信用スコア」が算出される

>>いますぐ信用スコアをチェックしてみる(外部リンク)

J.Scoreは2017年9月にみずほ銀行とソフトバンクが立ち上げたフィンテックベンチャー。同社が提供する信用スコアサービス「AIスコア」はユーザーが入力したさまざまなデータを分析した上で、信用スコアを提示してくれるのだが、その分析になんとAI技術とビッグデータが活用されているというのだ。

個人を特定する情報なしで、自分のスコアを確認

チャット型のUIで簡単に情報を入力できる

実際には、いくつかの質問に答えるとAIによって自分の可能性が“スコア”として算出される。「AIスコア」の診断は無料かつ個人が特定される情報は不要。名前はニックネームでよく、個人信用情報機関に記録が残ることもない。

スコアは1000点を上限として、年収や職業などの基本情報から、性格や趣味まで幅広い項目を分析して算出。スコアの算出は、スマホ上で簡単かつ迅速に行うことができる。最初にスコアを算出するためには、年齢、職業などの簡単な18問程度の質問に応えるだけでOKだ。

30代の筆者が、生年月、性別、最終学歴、業種職種、企業規模、現勤め先の入社時期といった基本的な情報を入力したところ、スコアは756だった。

ライフスタイルにまつわる情報を入力することでスコアが変化する

しかし、この時点でJ.Scoreのマイページに表示される情報の入力状況は5%。ここからがAIスコアの注目すべき点でもあるのだが、さらに追加情報を入力することで、「AIスコア」を変化させていくことができる。そして、その追加で入力する内容は、収入や毎月の支出、資産などから、今後やってみたい趣味や習い事、洋服やアクセサリーを買うときに重視するポイントといった、生活習慣、趣味嗜好、語学力など、非常に幅広いものとなっている。実際に、筆者が追加情報を入力していったところ、スコアは822まで上昇した。

>>いますぐ信用スコアをチェックしてみる(外部リンク)

スコアによって変化する優待「リワード」も提供

J.Scoreでは、このスコアをもとに「リワード」と呼ばれる様々な特典を受けることもできる。特典には旅行代理店の割引や百貨店の特別優待、英会話やジムなどの優待など様々なものがあるが、日常生活を豊かにしてくれるようなものが多い。リワードは随時追加されており、今後の展開も気になるところだ。

リワードには様々な種類があり、スコアによって提供される内容が変化する

日本でも浸透し始めている「信用スコア」。今後、さらに多くの企業の参入や「信用スコア」を活用したサービスが始まることだろう。「信用スコア」が一般化し、我々の日常生活においても多くのサービスでスコアが影響するようになることは容易に想像できる。来たるべき未来のために、まずは先行するJ.Scoreで「AIスコア」を算出し、自分のスコアを確認してみてはどうだろうか。

まずはJ.Scoreで信用スコアをチェック!(外部リンク)

[ PR企画 / 株式会社J.Score ]

あわせて読みたい

「AI」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森友ヒアリングで官僚全欠席の怪

    田中龍作

  2. 2

    セブン離れ進む? PayPay導入なく

    永江一石

  3. 3

    悪評を覆した明石市長選は画期的

    井戸まさえ

  4. 4

    東大名誉教授「南海地震は神話」

    週刊金曜日編集部

  5. 5

    NZテロ差別発言議員に少年が生卵

    木村正人

  6. 6

    堀江氏「美容業界は情弱だらけ」

    MAG2 NEWS

  7. 7

    自民党に安倍4選不支持の逆風か

    早川忠孝

  8. 8

    反日韓国に興奮してしまう日本人

    文春オンライン

  9. 9

    転勤という家族巻き込む奴隷制度

    かさこ

  10. 10

    新型iPad発表「Air」と「Mini」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。