記事

「安倍首相の推薦状」事件から見えるもの(野党と新聞の責任)

 大手紙は今度の事件の第一報で後れを取った。

 しかしそれを挽回する腕の見せ所がある。

 それは安倍書簡のコピーを入手して国民に公開する事だ。
 
 はたしてそれができる大手紙がでてくるだろうか。

 それを入手できるパイプを米国情報筋との間で持っている新聞社はあるのか。

 けだし見ものである。

 そして野党の追及力だ。

 国会でこの書簡の提出を迫る野党や野党政治家がでてくるだろうか。

 外務省が外交文書の公開を拒む最後の決め台詞は、相手国のあることだ、相手国との信頼関係から公表は差し控えたい、と言う台詞だ。

 しかし、今回ばかりはトランプが信義を一方的に破って公表した。
 
 だからこの決め台詞は通用しない。

 全文の公開は出来ないにしても、少なくとも推薦状にかかわる部分は公開したところで米国との関係には、何の支障もない。

 それでも公開できないとすれば、それは安倍首相にとって不都合であるからだ。

 なおさら公開が必要になってくる。

 はやしてそれを追及する野党がでてくるだろうか(了)

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。