記事

フレディ・マーキュリーの歯

先日の週末、仙台市内のとあるカフェにて、大きなテーブルの反対側で試験勉強らしき様子の男子大学生2名が、店内の音楽について「クイーンの曲がずっとかかっているね」「映画、見た?」「見てない……見たいんだけど」「見た方がいいよ」……というような会話をしていて、あらま、君たち、リアルタイムの頃は生まれてなかったよね?と心の中で思った。ちなみに、教科書やノートは広げていたが、彼らの視線はほとんどスマホの中だったのだけど、それは別の話。

私自身は年明けになってようやく「ボヘミアン・ラプソディ」を観に行き、後半、フレディ・マーキュリーがHIV感染症であったことが明らかになったあたりから涙腺崩壊。その後、ふと気づくとクイーンのヒット曲が脳内連続再生状態となっている。きっと二度目に観に行ったら、次のシーンがわかったり、伏線となっていたシーンに気づいたりして、最初から泣けてくるに違いない。フレディがクラブに来ていた女の子に「君の毛皮のコート、いいね!」「◯◯というお店のなの。そこで働いているの」というやりとりだって、涙腺が緩むだろう。いや、もっと最初の、フレディがフレディという名前にする前の、父親とのエピソードも。

私は単なるにわかファンであり、クイーンのことも映画についても語る資格はない。ただ、冒頭に近いシーンで一つだけ違和感があったことについて残しておきたい。

クイーン結成前のエピソードで、ブライアン・メイとロジャー・テイラーが新たなバンドメンバーを探しているところにフレディがボーカリストとして売り込みに来て「この歯のせいで、声がよく響くんだ」というような話をしたとき、「過剰歯だから」という字幕が出てきて、歯科医師免許保持者として疑問を抱いた。「え? 別に過剰歯ではないよね?」

映画制作のエピソードによれば、フレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックは、義歯を付けて、いわゆる「出っ歯」であったフレディの顔貌に近づけようとしたようだ。だが、字幕には「過剰歯」となっていた。

歯科の知識を総動員して思い出すと、「過剰歯 hyperodontiaもしくはsupranumerary teeth」とは「歯の数が通常よりも多い」ことを意味しており、もっとも多い症例は「正中過剰歯」として、上顎の切歯(前歯)の真ん中に1本の余分な歯が生えているものだ。その次には奥歯が多い場合がある。

だが、生前のフレディの歯を見る限り、正中過剰歯ではない。ただし、顎の大きさに比して、やや第一、第二切歯(前歯)ともに大きい印象がある。(下記の画像はhttps://rollingstonejapan.com/articles/detail/26602より転載)

[画像をブログで見る]

不思議だと思いつつ、ネット検索をしてみると、「フレディ・マーキュリー 過剰歯」で以下のような記載のある記事に遭遇。

*****

クイーンのリードボーカリストを強く印象づける歯をむいたような独特の微笑は、前歯の裏に4本の過剰歯が生えていることによるものだ。彼は、声質に影響することを何より恐れて、歯列矯正はあくまで拒んだ。

*****

前歯の裏に歯がはえている稀な過剰歯の画像を挙げておこう。下記は歯科医院のブログより(https://www.ito-sika.com/blog/?p=52789)。

[画像をブログで見る]

同様の記事は英語のものを含め他にも見つかった。そこで、さらにフレディの歯がよく見える画像をいろいろ検索してみたが、前歯の後ろに4本の過剰歯があるようなものは見つからなかった。(下記画像はhttp://www.swanseadentalassociates.com/blog/post/crazy-little-thing-called-hyperdontia.htmlより)

[画像をブログで見る]

こちらも(https://www.dvhn.nl/cultuur/27-feitjes-over-de-legendarische-Freddie-Mercury-die-je-misschien-nog-niet-weet-23862817.html?harvest_referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com%2F)。同じ時の別アングルかしら? 口の中、見えますよね?

[画像をブログで見る]

私の解釈は(今のところ)こうである。「Fredy had "extraordinary" teeth.」すなわち、フレディは「異常に目立つ」歯を持っていた。このエピソードがどこかの時点で「Fredy had "extra" teeth」すなわち、フレディは「余分な」歯を持っていたという言い方に変わってしまったのではないだろうか? 

映画でも歯のことについて「この歯が変だって? いや、そのせいで声質がいいのさ」というようなフレディの台詞があった。口腔内に過剰な数の歯があったら、むしろ声は響かないであろう。フレディがやや上顎が大きい「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」気味であることは、口腔が大きいことを意味するので、それであれば音響的に理解できるように思う。

[画像をブログで見る]

さて、もう一度、観に行くか、ネット映画が公開されるのを待つか、いずれにせよ、英語で何と言っていたのかも確認しておきたい。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  2. 2

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    いきステ不調 改善には社長交代?

    永江一石

  4. 4

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  5. 5

    梅宮辰夫さん「芸能界消滅する」

    渡邉裕二

  6. 6

    ジャパンライフ被害男性の証言

    田中龍作

  7. 7

    山本太郎氏「酔っ払い」とも対話

    田中龍作

  8. 8

    忘年会やめて「ボーナス増やせ」

    かさこ

  9. 9

    日韓の「こじれ」朝日新聞に責任

    NEWSポストセブン

  10. 10

    伝説のファウルをW杯審判が解説

    森雅史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。