記事

「天皇在位30年記念行事」の政府広報をひとり掲載した東京新聞

 2月24日は沖縄で辺野古移設の賛否を問う県民投票が行われる日である。

 しかしその日は同時に天皇在位30年を祝う式典が行われる日である。

 その事を新聞報道の小さな記事で知った私は、その日の2月5日のメルマガ第87号で書いた。

 なぜメディアは天皇在位30年式典の事を大きく報じないのかと。

 辺野古移設の是非を問う住民投票と同じ日に祝賀式典を行うのは天皇を悲しませるだけではないかと。

 ところが、それ以来、沖縄住民投票に関する記事は毎日のように報じられるのに、天皇在位30年記念式典に関する記事は皆無だ。

 ましてや、私のように、天皇在位式典に疑義を持つ識者の意見はどこを探しても見当たらなかった。

 そう思っていたら、きょう2月16日の東京新聞が大きく報じた。

 祝賀式典の正式名称は政府主催による「天皇陛下御在位30年慶祝行事」であると。

 天皇皇后両陛下の御臨席のもと、各界の皆様が出席して、東京・国立劇場で2月24日の午後2時から執り行われると。

 なんと、沖縄の住民投票が行われているその真っ最中に、そしてその結果を皆が固唾を飲んで見守ってる真っ最中に、祝賀式典が行われるのだ。

 しかし、私が驚いたのは、その内容ではない。

 この東京新聞の記事が、東京新聞の取材記事ではなく、安倍政権の下で税金を使って行われた政府広報だったことだ。

 それに気づいて他の主要紙を見比べてみると、この政府広報を掲載したのは東京新聞だけである。

 他の大手紙はなぜ掲載しなかったのか。

 明日の新聞で掲載するのだろうか。

 それとも内閣府は東京新聞だけに広告を出したのか。

 あるいは東京新聞への広告を先行させて様子を見たのか。

 東京新聞は広告依頼を内閣府から受けた時、他紙にも広告を依頼したかどうか、確かめなかったのか。

 いずれにしても、きょうの東京新聞だけがひとり天皇在位30年記念の政府広報を大きく掲載した。
 
 政府広報を掲載するなとは言わない。

 広告収入も新聞社にとって重要な収入源だ。

 しかし、その前に東京新聞がする事がある。

 すなわち天皇在位30年記念式典について、取材報道し、その適否について社の意見を書くべきだ。

 天皇在位30年記念式典の政府広報を、ひとり今朝の紙面で掲載した東京新聞の真意を私は訝しく思う(了)

あわせて読みたい

「東京新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  2. 2

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  3. 3

    よしのり氏 周庭氏逮捕を許すな

    小林よしのり

  4. 4

    大学は授業料の対価提供できるか

    青山まさゆき

  5. 5

    国民民主が分党 立民と合流へ

    ABEMA TIMES

  6. 6

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  8. 8

    周庭さん逮捕 日本共産党も批判

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    こじるり SNSでの誹謗中傷に嘆き

    女性自身

  10. 10

    沖縄の不安を煽るTVに医師が嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。