記事

偏在の問題を医師不足と表記するのはやめるべき 医学部定員を増やしたり医学部新設の問題ではありませんからね

このタイトルを見て、またかと思いました。
2036年の医師不足2.4万人 厚労省試算 「偏在解消」達成できず」(毎日新聞2019年2月16日)

 タイトルにもあるように地方の医師が足りずという意味で、「医師不足」とは異なる偏在の問題です。
 日本の人口の減少に伴い、早晩、医師過剰になることは厚労省も分析していますし、今なお医学部の定員は1万人にもなり(何故か、安倍政権は、医学部の新設を2つも認可しました。)、高齢でリタイヤ、女性医師が出産や育児でリタイヤという数を考慮しても毎年、医師は増加し続けています。

 それでも医師不足??

 医師が不足しているというのははっきりしていて、地方や、緊急医療などに携わる勤務医、小児科、産婦人科などのリスクの高い診療科目です。

 最近、弁護士ドットコムが医師の過剰労働について告発しています。
医師の残業上限「年2000時間」、地方など特例 厚労省が提案
「医師も生身の人間」 過労死遺族ら、残業上限「年2000時間」案に反発
開業医4人に1人「過労死ライン」 神奈川県内の開業医アンケート
医師は不死身ですか? 残業上限2000時間案、「合意」は持ち越し

 特に勤務医の待遇は非常に危機的です。通常、医学部を出て医師になったとしてもいきなり開業独立などないでしょうし(昨今、開業医も都市部では過当競争に陥っているのではないでしょうか)、勤務医としての経験を積むことになります。
 医師としての「高給」も実は労働時間や責任の重さからは大きな魅力にはなり得ないかもしれません。どの病院も勤務医の確保に大変なのは、医師が不足しているというより、激務だからということでしょう。
 この実態をみたとき、今後も優秀層が医師を目指してくれるんだろうかということさえ懸念してしまいます。毎年1万人もの医師を養成しているという中で、現実には、上位校と底辺校の格差はいかんともし難いものがあります。例えば医師国家試験対策を3年次からしなければならないような医学部というのは、入試段階での選抜が成り立っていないということでもあります。要は定員に見合った応募がないということでもあります。
医学部の定員を削減するなら大学一律に削減させるべきではない

 現状は、勤務医の使い捨てのような様相です。医師国家試験に合格したから一人前というのではなく、医師になってからもその研鑽が重要であることを考えれば、現状の医師養成は危機的です。

あわせて読みたい

「医師」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  3. 3

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  4. 4

    愛知のリコール不正疑惑、維新の「組織的な関与」の有無と責任について

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月26日 09:43

  5. 5

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  6. 6

    「パラ選手を宣伝だけに使うな」―一年延期で契約終了―

    笹川陽平

    02月26日 08:21

  7. 7

    総務省の接待問題は森友・加計学園疑惑と同じ構図 首相の責任も重い

    畠山和也

    02月26日 09:10

  8. 8

    根絶された病気が再出現の恐れも コロナで加速する医療崩壊

    田中龍作

    02月26日 08:08

  9. 9

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  10. 10

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。