記事

ふるさと納税を返礼品でなく返礼「コト」で選んだほうがいい理由


都会と地方の格差や過疎の解消を狙いスタートし11年目を迎えるふるさと納税。おいしいお肉や普段口にしないような高級果物が届くのも嬉しいものですが、最近はトレンドが変わりつつあるようです。今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんが、体験型返礼の魅力について解説しています。

ふるさと体験

さて、本日は体験型になってきたアレのお話

みなさん、昨年はちゃんとやりましたか?なにって、

  • ふるさと納税

です。まーーーさかやってない、やったことがないだなんてヒトはいないよね??

そんなまーーーさかチャンのためにざっくり説明しておくと

  • 応援したい自治体に
  • 寄附ができて
  • 税の還付・控除が受けられ
  • 自治体からは返礼品がもらえる

…うん、こんなカンジですね。

結構イイことづくめですよね♪本来「応援」が目的のはずでしたが、「返礼品」ゲットが目的になっており、あまりの加熱ぶりにちょっと抑制されたくらいです。私も返礼品目当てで

  • オレンジ
  • 牛肉

…などなどをいただきました♪

ところが!最近、このふるさと納税のあり方に変化が現れているんです。それが

  • 体験型返礼品…じゃないよね

です。要するにモノがもらえるんじゃなく、その自治体まで来てもらってナニか体験してもらおうってことです。落としてもらえるおカネの額は、その方が多いだろうし自治体を知ってもらえるってことで一石二鳥なんでしょうね。

で、その体験型が実に多彩なんですよ。

  • イルカのトレーナー体験ができる
  • ドローン操縦~
  • プラネタリウム特別投影!
  • 鉄道の車両を運転
  • 包丁作り!
  • 一日市長体験ができる!

なんかすごくないですか!?わくわくしちゃうの、私だけじゃないよね?正直なところ、これはすごく

  • オススメ

です。人生の豊かさは間違いなく体験の豊かさがひとつの指標です。いろいろな体験をしてこそ、世界を広げられ、楽しめるのです。特に

  • 子供にとっては効果が絶大

でしょう。これから育っていく彼らにとって、体験の豊かさが人生や人格をより深く耕してくれるだろうことはマチガイないですから。

お金持ちもインバウンド客も

  • モノよりコト

にシフトしているわけですから、私たちもモノよりコトにシフトしたらイイと思うんですよ。

今年のふるさと納税は是非体験型を狙ってみて。思いもかけない新しい世界が広がるかもしれませんよ。

image by: Shutterstock.com

あわせて読みたい

「ふるさと納税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    北の資金源でなくなったパチンコ

    宇佐美典也

  2. 2

    セブン離れ進む? PayPay導入なく

    永江一石

  3. 3

    反日を煽る文政権 若者が反発か

    MONEY VOICE

  4. 4

    内田裕也死去 代表曲なき帝王

    常見陽平

  5. 5

    瀧逮捕 NHK撮り直しは受信料ムダ

    上伊由毘男

  6. 6

    暴言の明石市長再選は稀有な例

    宮崎タケシ

  7. 7

    ゴマキ不倫 夫の愛に感じる怖さ

    女性自身

  8. 8

    論評の場は月刊誌からウェブへ

    BLOGOS編集部

  9. 9

    伊藤忠 敵対的買収が重い負担に?

    山口利昭

  10. 10

    閲覧されぬVtuber広告効果が悲惨

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。