記事

SNSはなぜこうも息苦しくなったのか「もはやリアルの延長」「人間関係ができるとその人達に配慮しなきゃならなくなって面倒」

匿名といえど、掲示板も完全に匿名ではありませんのでご注意を
匿名といえど、掲示板も完全に匿名ではありませんのでご注意を

今日はSNSの話をしたい。僕はツイッターとインスタグラムをやっている。前者は嫌味。後者はひたすら動物の画像をアップするだけと、意図的に使い分けをしている。あれもこれも一つのSNSアカウントでやると、とっ散らかってしまいそうだから。

インターネット黎明期から、日本では匿名の掲示板が隆盛を極めていた。代表例は2ちゃんねるだろう。あの雰囲気に慣れ親しんだ人にとって、SNSはさほど肌に合うものでもなかったのかもしれない。(文:松本ミゾレ)

「匿名だから遠慮なく暴言吐けるけど実名じゃやりたくない」

先日、5ちゃんねるに「SNSの息苦しさ何とかならんのか?」なるスレッドが立っていた。スレ主は、「結局ねらーと話してる方が楽なんだ」と書き込んでいる。

スレッドを見ると、同じような人は結構多いようだ。

「匿名なら本音をぶちまけられるからな」

「もはやリアルの延長やろ。リアルの人間関係に馴染めないような奴はネットでも馴染めない。ソースはワイ」

「twitterとか匿名でやっとっても人間関係できあがるとそいつらに配慮せなあかんくなってめんどくさいよな」

「匿名だから遠慮なく暴言吐けるけど実名じゃやりたくないわ」

そもそも、匿名性の高い掲示板と、ある程度個人が特定しやすいSNSとでは水と油みたいなものなので、匿名掲示板が合う人はSNSが苦手でも分かる。そういう意味で僕は、今のように掲示板もSNSもある状況って、割と理想的な棲み分けができているんじゃないかと思ってしまう。

紹介した書き込みにあった、匿名は遠慮なく暴言が吐けるがSNSではやりにくいという意見。SNSが苦手なネットユーザーは、ここがネックになっているんじゃないかと思う。暴言はSNSでも散見されるけど、実名、住所、仕事などが特定された途端に発言を謝罪するユーザーも多い。ああいう状況を見るにつけ「レスバトルでも自分の実在性は隠しておきたいものなんだなぁ」と感じるに至る。

昨年末にツイッターで、東京駅での殺人予告をやらかした女性がいた。こういう、普段自分が使っているアカウントで犯罪予告とかして捕まっちゃう人たちって、ネットリテラシーについて無知なんだよね。そして、無知を"無敵"と勘違いしやすい。5ちゃんねるですら解析されて犯人特定されるレベルなのに、それよりも特定が簡単なSNSでやらかすわけだから、色んな意味で怖い話だ。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  2. 2

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  3. 3

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

  4. 4

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  5. 5

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  6. 6

    サンドウィッチマン、かまいたち、千鳥…Googleで検索されている芸人ランキング

    放送作家の徹夜は2日まで

    09月22日 10:48

  7. 7

    河野太郎氏は、国会議員投票でも一位を取るべく全力を尽くしべし

    早川忠孝

    09月22日 17:41

  8. 8

    ワクチンパスポートの目的は差別じゃない~区別と差別を明確に切り分ける重要性~

    山崎 毅(食の安全と安心)

    09月22日 08:19

  9. 9

    鳩山由紀夫氏“民主党は内ゲバで崩壊”と的確な分析に賛同も「急にまとも」と困惑続出

    女性自身

    09月22日 14:37

  10. 10

    公明・山口代表 給付金を選挙公約に掲げるも「何をいまさら」と呆れ声

    女性自身

    09月22日 16:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。