記事

スペインなど、改革通じて若年失業問題に対処を=IMF専務理事


[ミュンヘン 14日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は14日、スペインやイタリア、ポルトガル、ギリシャといった、欧州連合(EU)の中で経済が相対的に弱い諸国は、労働市場改革や官僚主義排除、イノベーション投資を通じて、高い若年失業率の問題に取り組むべきとの見方を示した。

ドイツで講演した。専務理事は、こうした諸国の収入が経済的により豊かな国に追いつくには、構造改革が必須と指摘。EU内の収れんが進めば、ポピュリスト政党の台頭や移民政策を巡る不協和音、世界の通商秩序の乱れといった形で現れている嵐をしのぐことができるとした。

専務理事は「今なお世界金融危機の打撃に苦しんでいる大陸の次世代は、質の高い仕事や安定した将来を探し求めている」とし「EUの若者の4人に1人が、貧困の危機に直面している。問題の解決には、欧州の繁栄の共有へのコミットメントを新たにする必要がある」と述べた。

イタリア、ギリシャ、スペインの若年失業率は現在、30%を上回っている。これに対して、ドイツやオランダでは7%に満たない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  6. 6

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  7. 7

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  8. 8

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  9. 9

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。