記事

世界が注目「1住宅=1家族」に代わる「地域社会圏」という共同体 - 長井美暁

1/2
仲俊治氏と宇野悠里氏が設計した「食堂付きアパート」を大勢のフランス人が視察。1階の白い壁の内側が食堂。オーナーの発案により、この日は軒先にトミトアーキテクチャが「さんかく屋台」を出し、軽食などを並べて来訪者を歓迎した 撮影:菅野健児

 2018年11月初旬、東京都目黒区の住宅地に立つ「食堂付きアパート」を、フランスの建築・不動産関係者40人あまりが視察に訪れた。

 「食堂付きアパート」は賃貸5戸の小さな建物ながら、デザインコンセプトの新しさや空間構成の巧みさなどが評価され、2014年度のグッドデザイン金賞をはじめ数々の賞を受賞。2016年の「ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展」で日本館の展示作品の1つに選ばれたことを機に、世界の建築関係者の注目も集めている。

 設計を手掛けたのは、建築家で法政大学江戸東京研究センター客員准教授の仲俊治氏(43)と建築家の宇野悠里氏(42)だ。

食堂は「中間的な領域」

 「食堂付きアパート」の立地は活気ある武蔵小山商店街の近く。若い世代の創意工夫が地域をより活性化させてくれることを期待し、創業支援を目的に建てられた。賃貸5戸ともSOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)対応の間取りで、半地下にシェアオフィス、1階に10坪の小さな食堂を併設している。

共用廊下はSOHO住戸のテラスと一体。2階には共用の洗濯機を置いている 撮影:菅野健児

 各住戸は玄関側に「スタジオ」と呼ぶ開放的な空間があり、ここが仕事場となる。寝室や洗面浴室などのプライベートな空間は、スタジオの奥に配置。各住戸の玄関前はテラスで、住人は仕事場の看板、植栽や屋外用の家具などを置くことができる。食堂はアパート内からも、外部からも出入りできるように出入り口が2つある。

 クライアントはこの地域に長く暮らす父子だ。商店街の会長だったこともある父と、その商店街マインドを熱く受け継いだ息子には、「地域のためになるアパートをつくりたい」という思いがあり、新しい試みとなる建物を望まれた。クライアントと一緒に考えていくうちに、仲氏らは「住む場所と働く場所を混在させ、外部に向かう意識を住人が自然に持つようなアパートにしたらどうか」と考えた。

 「個人ベースの仕事、あるいは、趣味や特技をスキルアップさせての小商い。そういったことが可能な場所として各住戸に設けたスタジオは、住宅と外部の中間にあり、内向きにも外向きにも使えます。食堂もアパートにとっての『中間的な領域』で、人や地域をつなぐ役割を担います」

 1つの建物にSOHO、シェアオフィス、食堂という用途の複合、また、大小の「中間的な領域」を組み込むという形の複合を有意義なものとするために、仲氏らは建物というハードはもちろん、運営の仕組みなどのソフト面もデザインした。

住人が「タイムシェア」できる食堂。もちろん、地域の人たちも利用でき、まさしく「中間的な領域」になっている
撮影:菅野健児

 「食堂の大きさがどれくらいなら自分たちの手で運営できるのか。食堂のシェフがどのような役割を果たしてくれたら、建物のオートロックが不要になるのか。機械やアウトソーシングに頼らず、自分たちの生活環境を自分たちでマネジメントできるように、部屋の大きさや機能面での配置、運営の仕組みを並行して考えました」

 例えば、昼食や夕食の時間帯以外は、SOHO住戸の住人やシェアオフィスのワーカーは、人数分のドリンク1杯で食堂を打ち合わせスペースとして使える。食堂にとっても多少の収入になるし、人影があるのは店の印象もいい。また、シェフが食堂の店先を掃除することが、アパートのエントランスをきれいに保つことにもつながる。

 約5年前に住人たちの生活が始まってからは、共用廊下で週末に朝ご飯を食べたり、そのときに前を通る他の住人と会話を交わしたり、皆が集まってバーベキューをしたり、といった場面が見られるという。3階の菜園で何を育てるかも皆で相談して決めている。仲氏は「地域の人に向けて住人が縁日を開催するなど、設計者の発想を超えて、1つの共同体が育っています」と言う。

 洗濯機は各住戸内に置くことができるが、住人は皆、2階の共用廊下に置かれた洗濯機を使っていて、その場所も日常的な交流の場になっている。

 「住人の約半数がシェアハウスの経験者。他人が家の前を通ることや、建物全体を使って生活することに抵抗がなく、この状況をすんなり受け入れてくれました」

 建物の意図をよく理解するクライアントが自ら面接して賃借人を決めていることも、うまくいっている理由だろう。

家の中にある「中間的な領域」

仲氏と宇野氏の自宅兼事務所。1階に併設した賃貸2戸も職住一体型の間取りだ 撮影:菅野健児

 仲氏と宇野氏は夫婦で東京都目黒区の事務所併用住宅に暮らし、設計事務所を営む。両氏が自ら設計を手がけたその建物は長屋形式で、仕事場付きの賃貸住宅を1階に2戸併設する。つまり自宅を含めて3戸とも職住一体型で、南側の道路に面して入り口があり、各戸内は道路から最も近いところに仕事場、最も遠いところに寝室などのプライベートな場所がある。

自宅のダイニングキッチンは、仕事の打ち合わせスペースとしても利用することも。右側の奥に事務所スペースがあり、手前は自宅の個室  撮影:菅野健児

 夫妻と子ども2人の住まいは2階で、これは賃貸部分の上階に位置する。設計事務所は1階。吹き抜け空間の中央に打ち合わせしたり図面を広げたりできる大きなテーブルを置き、奥ではスタッフが模型をつくり、日中だけではなく夜にかけても、ほぼ常に誰かがいる。その“人がいる”気配が、ガラス張りのドアや大きな窓を通して外部に伝わる。

 「この家に引っ越して1年少し経ちました。1階でスケッチを描いたり打ち合わせをしたりしていると、前の道路を行き来する近所の人がチラチラ見ている。それで、入り口の前に設けた目隠し兼花壇に水をやるために外に出たときや週末に話しかけられるんです」(仲氏)

 「家に帰ったらお母さんがちょっと留守をしていて、鍵を持っていないから家に入れない、と近所の子が来たことがありました。人のいる気配を感じて、入りやすかったのでしょうね」(宇野氏)

 建築家は自身の思考の提案や実践の場として、自分の家を設計することが多い。両氏もその例に漏れず、子育てしながら仕事をすることに加え、地域の人たちと関わりながら暮らす生活を実現することを、設計の際は特に考えた。地域の人たちと関わりながら暮らすうえでは、「外向きの意識を持てる『中間的な領域』が家の中にあることが大切。僕たちの家では仕事場がそれに該当します。外部に対して少しでも開いた場所があれば、近所の人も近寄りやすい」と仲氏は話す。

吹き抜けを活かした事務所スペース  撮影:菅野健児

 「この家を通して、居住専用住宅を見直そう、住む場所に働く場所を組み込むと生活が変わりますよ、ということを伝えたかったんです。総務省統計局の調査によると、日本の住宅は98%が居住専用住宅で、僕たちの家のような併用住宅はわずか2%しかない。これは、多くの人は住む場所と働く場所が切り離されているということ。住む場所と働く場所がきっぱりと分かれるようになったのはこの70〜100年ほどの間のことなのに、98対2は極端だと思いませんか?

 居住専用住宅は近代化社会における住宅の1つの到達点ですが、都心のマンションや郊外の戸建住宅を見ればわかるように、プライバシー至上主義のもとでつくられていますから、地域との関わりが自ずと希薄になります。都市部では戦前まで生活の場と生業の場が近接していて、ゆえに地域との関わりも密接でした。とはいえ、その昔に帰ろうというのではありません。情報技術が発達した現代なら、もっと多様な生活と生業があってしかるべきではないかと考えるのです」

 先述の「食堂付きアパート」では、軒先のスペースを使って定期的にマルシェを開いていたことがあり、近隣の住人が手づくりのパンや観葉植物、食器など様々なものを売っていたという。コーヒーが好きなアパートの住人がマルシェにコーヒー屋台を出していたこともあった。場所さえあれば、生業の意味は広げていける。

 「やりがいがあり、自己実現につながることは、内発的だからこそ継続性があります。設計中は手探りでしたが、『地域社会圏』の研究会に参加して得た知見をもとに、職住混在の生活スタイルや、地域内で小さな経済が循環する住み方と、それが実現できたときの効果には着目していました」

あわせて読みたい

「住宅」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  2. 2

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  3. 3

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  4. 4

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  5. 5

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  6. 6

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  9. 9

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  10. 10

    仏、給食費未納問題、正しいアプローチは

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    09月18日 12:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。