記事

パーソナルトレーニングしても、腹筋が割れない理由



自宅の近くにあるパーソナルトレーニングのスタジオに通い始めてから、もうすぐ9ヶ月になります。

月に4回、毎回1時間で、パーソナルトレーニングとピラティスを組み合わせています。

それと合わせて、以前から続けていた自宅での自重トレーニングも継続しています。スタジオのトレーナーの方のアドバイスを取り入れ、少しずつメニュを改善し、現在はこんな感じになっています。

ストレッチ(太もものストレッチ、前屈、股関節ストレッチ)
腹筋(静止状態で1分と足上げ10回を2セット、20回の腹筋を1セット)
リバースプランク(1分プラス片足上げを3セット)

しかし、体重はスタジオに通う前とほとんど変わらず、体は少し締まった気もしますが、腹筋が割れる気配はありません。

トレーニングと並行して、ゆるい糖質制限ももう2年続けています。ご飯やパスタ・うどん・ラーメンなどの麺類を極力控えるようにし、お酒も日本酒やワインよりハイボールを飲んでいます。

しかし、会食や旅行などで炭水化物を食べる機会も多く、時々禁断の「夜中の〆のラーメン」をやってしまうこともあります。あくまで「ゆるく」続けています。

こんな現状をトレーナーに相談したところ、足りないのは有酸素運動だと言われました。

筋トレやピラティスと食事制限だけでは、体脂肪率が落ちないと言うのです。また、糖質制限しても、脂質が多いので体脂肪が減らないと指摘されました。

そこで、最近追加で始めたのが軽いランニングです。自宅のマンションのジムにあるランニングマシンです。時速8キロ程度の早歩きで30分。消費カロリーは300kcalくらい。これを週3ペースで続けてみることにしました。

元々のトレーニングの目的は、健康な体と体型の維持ですが、いつしか何となく腹筋を割ることを目指すようになりました。

なぜ、この年になって、今さら腹筋を割りたいのかと聞かれても、自分でもうまく説明できません。登山をする人と同じように「そこに腹筋があるから」としか答えようがありません(笑)。

ともあれ、雑誌ターザンが、初夏に恒例の腹筋特集をする頃までには、結果を出したいと思っています。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年2月15日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「健康」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  3. 3

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  4. 4

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  5. 5

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

  6. 6

    中等症入院不可…専門家の意見を聞いていなかったとは

    大串博志

    08月05日 08:22

  7. 7

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  8. 8

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

  9. 9

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  10. 10

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。