記事

有給取得率が低い業界「建設」「理容・美容」 残業時間が増加しているのは「広告」「運輸・郵便」「公共事業」

有給取得率が低い業界「建設」「理容・美容」

クラウド型バックオフィス支援システム「ジョブカン勤怠管理」を提供するDonutsは2月7日、「年次有給休暇取得率と一人あたりの月平均残業時間」に関する調査結果を発表した。調査は2016年1月~2018年12月に実施し、2016年は239社、2017年は653社、2018年は1348社から回答を得た。

2018年の「年次有給休暇取得率」は35%で、2016年(25.6%)と比較すると9.3ポイント上昇していた。有給休暇取得率は、年々向上しているようだ。

有給取得率、「卸売」「小売」で年々下降 「教育・学習」「運輸・郵便」はバラツキ

「一人あたりの月平均残業時間」は17時間で、2016年(19.5時間)と比べると2時間短くなっている。一方で広告、運輸・郵便業、水道などの公共事業では残業時間が増加している。

年次有給休暇取得率を企業規模別で見ると、「100人以上300人未満」(42.4%)が最も高く、2016年から約2倍に増加したことが明らかになった。

「業種別年次有給休暇取得率」は1位が「旅行、宿泊業」(47.8%)で、2016年から236%も伸び大幅にアップしていた。一方、業種によって取得率の偏りがあり、「理容・美容」(22.2%)、「建設業」(23.9%)は割合が低い。

「卸売業」(28.9%)、「小売業」(31.9%)は年々取得率が下降し、「教育、学習サービス業」「運輸業・郵便業」は年度により大きな差があることもわかった。

残業時間が最も多いのは「電気、ガス、熱供給、水道業」

「一人あたりの月平均残業時間」を企業規模別で見ると、大企業(従業員300人以上)で「10時間」と月平均残業時間が最も短い。中小企業(従業員300人未満)の残業時間は大企業の1.76倍で、平均17.69時間となった。

業種別に見ると、最も短いのは「官公庁、公社、団体」(9.1時間)だが、2016年(3.9時間)と比べると2.3倍増加している。建設業は20.5時間だが、2016年に比べて約半分にまで減少していることがわかった。一方で、最も長かったのは「電気、ガス、熱供給、水道業」で29.4時間。

あわせて読みたい

「有給休暇」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  2. 2

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

  3. 3

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  4. 4

    <NHK『クローズアップ現代』TBS『あさチャン!』終了>全ての報道情報番組は権力の外に立て

    メディアゴン

    04月12日 08:39

  5. 5

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  6. 6

    「これさえあれば何も怖くない」新たなスタートを切った加藤浩次、現在の心境を語る

    ABEMA TIMES

    04月12日 08:45

  7. 7

    コロナ禍で難しくなった株式投資

    ヒロ

    04月12日 11:13

  8. 8

    歴史問題持ち出し言いたい放題の中国 反論できない日本政府

    NEWSポストセブン

    04月12日 09:36

  9. 9

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  10. 10

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。