記事

コンビニコーヒーが100円でもうまい理由

1/3

いまや常識となった「コンビニコーヒー」。なぜここまで人気になったのか。コーヒージャーナリストの狹間寛氏は「1杯100円で原価率は1~2割程度。高い豆を使っていないが、煎りたて・挽きたて・淹れたての『3たて』によるおいしさが評価された」と分析する――。

コンビニエンスストアで売られるコーヒー(写真=時事通信フォト)

■「喫茶店」と「カフェ」の違い

平成があと3カ月で終わる。コーヒー業界では、喫茶店に代わり、「カフェ」という言葉が一般的になったのが平成だった。2000(平成12)年頃に「カフェブーム」が起き、現在に至る。

筆者はコーヒー業界の取材を始めた当初、「カフェ」と「喫茶店」の違いを関係者に聞き続けた。結果は、「ほとんど同じ意味」「カフェと名づけたほうが現代的」という意見だった。たとえば「マンガ(漫画)喫茶」と「コミックカフェ」の関係がそれに当たる。

ただし、セルフサービスとフルサービス(店員が注文を取りに来て、飲食も運んでくれる)の業態の違いで使われることはあり、「セルフカフェ」が一般的だ。また、昔ながらの喫茶店に、「大正ロマン(風)」や「昭和レトロ」という枕詞がつくようになった。

当時、筆者に「カフェと喫茶店の違い」を教えてくれた1人が狹間寛氏だ。明治時代からある最古の業界紙「帝国飲食料新聞」の編集記者・編集部長として長く活躍した。現在は、珈琲店経営情報誌『珈琲と文化』編集担当を務める狹間氏に、平成時代の業界を振り返ってもらった。

■年間17億杯も出るコンビニコーヒー

――狹間さんは業界紙時代、コーヒー担当一筋だったと聞いています。平成時代のコーヒー業界・カフェ業界を見つめて、どう感じていますか。

まず、この平成年間で日本のコーヒー消費量は1.5倍に成長し、市場規模も2兆9000億円(一般社団法人全日本コーヒー協会調べ)へと拡大しました。原料生豆や焙煎豆やエキスなど海外からの輸入総額は、2018年で1500~1600億円なので、コーヒー業界は、約20倍の付加価値を持った巨大市場といえます。業種・業態に濃淡はありますが、平成時代は業界にとって飛躍の年だったといえるでしょう。

■カフェ・喫茶業界は「30年サイクル」

喫茶店とカフェの違いについて、業界の重鎮で「珈琲工房ホリグチ」の創業者である堀口俊英・堀口珈琲会長は「喫茶店はソフトドリンクの売上が半分以上、カフェはコーヒーの売上が半分以上」と定義しています。私も同じ見解です。

カフェ・喫茶業界は、ほぼ30年のサイクルで一回転します。「企業寿命30年説」のようですが、個人の店主が活躍できる期間は限られます。人気店も世代交代を果たした店は生き残り、親族やその店のDNAを引き継ぐ人がいない店は閉店しました。たとえば東京都内の個人店では、吉祥寺「もか」(1962年創業)がそうですね。「自家焙煎珈琲店の草分け」として、銀座の「カフェ・ド・ランブル」、南千住「カフェ・バッハ」と並ぶ御三家であった店主の標交紀(しめぎ・ゆきとし)さんが2007(平成19)年に亡くなり、店を閉じました。

■コーヒービジネスは投資対象に

大手や中堅チェーンで経営母体が変わった会社もあります。1968年創業の「コメダ珈琲店」(本社:名古屋市)は、創業者の加藤太郎さんが2008(平成20)年に全株式を投資ファンドに譲渡しました。この時1店舗の売買価格は1億円といわれ、当時で300店を超えていた。さらに5年後、その会社が別の投資ファンドに売却。そのファンドも数年で全株式を手放し、現在は自主経営です。「珈琲館」(本社:東京都)は創業者の真鍋国雄さんが死去した後、UCCグループに経営が移り、2018年に投資ファンドに譲渡しています。コーヒービジネスが有望視され、投資の対象となったのは世界的な傾向です。

業界外のライバルが出現したことも大きい。ご存じのように「コンビニコーヒー」が一大勢力となり、現在は市場全体で年間17億杯も出ています。昭和時代にドトールコーヒーショップが当時「1杯150円」のセルフカフェ市場を築き、平成時代にセブン‐イレブンが「1杯100円」のコンビニコーヒー市場を開拓しました。ワンコインと、3たて(煎りたて・挽きたて・淹れたて)を実現したコンビニコーヒーは、「日本の新たなスタンダードコーヒー」となったのです。

■「セブンカフェ」のこだわり方

――コンビニコーヒーの急拡大は、2013年にセブン‐イレブン(セブン)が仕掛けた「セブンカフェ」からですね。

はい。初年度で4億5000万杯も出て社会現象となりました。2018年は10億杯に伸び、セブンに追随して競合もコーヒーを強化した結果、コンビニコーヒーの市場規模は、2012年は200億円だったのが、2017年には2300億円台と約10倍に伸びています。喫茶店市場が1兆円規模ですから、たった5年でその2割の規模に拡大しました。

セブンは、十数年前から抽出コーヒーシステムの開発に取り組み、トライ&エラーを重ねました。新システムを開発するたびに、私も取材しました。たとえば「バリスターズカフェ」というエスプレッソタイプのコーヒーも出しましたが、最終的にはドリップ式に変えて大成功を収めたのです。

原料豆は系列の大手商社・三井物産から調達し、焙煎は味の素ゼネラルフーヅ(現・味の素AGF)、専用マシンは自動販売機製造最大手の子会社(旧富士電機冷機)を傘下に持つ富士電機と共同で開発した。セブンカフェの導入店舗には、マシンを貸与ではなく買い取りを条件とした。自前とすることで、 店舗オーナーはメンテナンスに注意を払うため故障も少なくなる一面もありました。

あわせて読みたい

「コンビニ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  3. 3

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  4. 4

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  5. 5

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  6. 6

    五輪めぐる批判と応援 「矛盾」と切り捨てる必要はない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月24日 09:00

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  9. 9

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  10. 10

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。