記事

「SMAP解散」連続記録を抜いた! 夕刊フジの「韓国一面祭り」が意味するもの 保守タブロイド紙の「立場」を考える - プチ鹿島

 ニッポンのタブロイド紙と言えば「日刊ゲンダイ」と「夕刊フジ」。その過激でわかりやすい論調は会社帰りのお父さんの憂さをいっときのあいだ晴らす。

【写真】この記事の写真(6枚)を見る

 派手な色使いと見出しには政治ビラや立て看板のような迫力を常々感じていたのだが、「通勤電車の窓ガラスに映ることで隣の人にも伝わればいいと思ってつくってます」と実際にタブロイド紙のエラい方に聞いたときは唸った。やっぱりあれは「檄文」なのである。

 特徴のひとつを言えば、「安倍批判」が日刊ゲンダイで「安倍応援」が夕刊フジだろう。タブロイド紙を買うお父さんは自分の好きな論調のほうを選べばいい。ちなみに私は両紙とも読んでその違いを楽しむのが好きだ。


安倍晋三氏 ©getty

「安倍神宣言」のゲンダイと「韓国」の夕刊フジ

 たとえば今年のゲンダイの一面を振り返ってみると、「安倍白旗」「安倍GDPも偽装発覚」「安倍神宣言」など、やはり首相に関する一面が多い。ちなみに「安倍神宣言」とは例の森羅万象発言のことである。

 では夕刊フジはどうか? 実は昨年末から同じテーマの一面が続いていたのだ。それは、

「韓国」である。

 あの「レーダー照射」以降、ずーっと韓国に関する記事が一面だったのである。

 まず12月22日(※紙面は翌日付。以下同)の「レーダー“攻撃” 官邸激怒 韓国を敵国認定必至」からはじまって、

「レーダー照射韓国逆ギレ自滅」(12月25日)
「韓国レーダー照射決定的証拠」(12月26日)
「レーダー照射米軍韓国に警告」(12月27日)
「日米 韓国金融制裁」(12月28日)

 発行日は連日韓国一面。お正月を挟み、

「レーダー逆ギレ韓国孤立」(1月4日)
「ビデオ反論 韓国墓穴」(1月5日)
「レーダー激怒 米韓同盟解消も」(1月7日)
「レーダー照射 立民知らんぷり」(1月8日)

 と年末年始レーダー一色。

 だんだん「逆ギレ」して「激怒」してるのが夕刊フジに見えてくる。私はタブロイド紙は「毎日真剣に怒ってるおじさん」と擬人化しているが、その真骨頂かも。

 その後も「虚言韓国にトドメ」(1月9日)、「日韓断絶」(1月11日)、「韓国制裁 官邸決断」(1月18日)、「韓国乱心」(1月22日)、「韓国恥さらし」(1月24日)とボルテージは上がる。一面や駅売りの広告に韓国ネタが毎日続く。

一面が続いたと言えば、「SMAP解散」報道

 同じテーマの一面が続いたと言えば、3年前の1月に勃発したSMAP解散報道があった。

 解散報道が(2016年)1月13日にはじまって以降、日刊スポーツ、スポーツニッポンはSMAP一面が「12日間連続」だったのである。久しぶりにSMAPでない一面は、大相撲初場所で初優勝した琴奨菊だった。その見出しは、

「SMAPから1面奪った!!琴奨菊」(日刊スポーツ・2016年1月25日)
「SMAPより琴奨菊」(スポーツニッポン・同)

「1面奪った!!」もなにも報じる側次第だと思うのだが、それほど騒ぎが続いていたことがわかる。

 しかし今回の夕刊フジの韓国一面見出しはSMAP12日間連続をはるかに上回る。それだけタブロイド紙は一点集中が売りということもわかる。

 この韓国連続記録はいつまで続くのか? いつしか私はアスリートの記録を見守るような心境で見守っていた。

ついに、連続記録が途切れた日がやってきた

 そして遂に「記録」が途切れた日がやってきたのである。それは2月6日であった。

 その日の一面は、

「辻元 外国人献金」

 立憲民主党の辻元清美氏の記事が「韓国」連続記録を止めたのである。

「政治資金規正法に抵触する行為であり、過去には複数の閣僚が辞任に追い込まれている」と夕刊フジは大々的に「スクープ」。

 しかしよく見ると「韓国籍弁護士から 辻元 外国人献金」という見出しなので、やはりここでも「韓国」だったのである。

 リード文を読んでみよう。

《立憲民主党の辻元清美国対委員長の政治団体が、2013年度から少なくとも2年間、韓国籍の男性弁護士から「外国人献金」を受けていたことが、夕刊フジの独自取材で分かった。》

 私が気になったのは次の部分。

《立憲民主党は最近、国会の代表質問や衆院予算委員会で、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題などを取り上げない「韓国スルー」が注目されたばかり。》

 ここを読むと「韓国籍の人から献金をもらっていたので辻元氏や立民は韓国のレーダー照射問題についてスルーしていた」というようにも読める。行間で誘導しているように読める。タブロイド紙は刺激的でわかりやすいのが売りだがこれはちょっと「檄文」すぎる気がした。

 というのもレーダー照射問題は政治家が率先して騒ぐのはどうなのか?という指摘も当初からあったからだ。日刊スポーツのコラム「政界地獄耳」は国会議員だけでなく内閣にいる人間も火に油を注いだとして、

《外野の議員が騒いでも少なくとも彼ら内閣の担当者たちが感情的にならぬよういさめる役回りなのではないか。》と書いた(1月8日)。

「せざるを得ない」流れだったのかもしれない

 では今回の夕刊フジの「スクープ」は一般紙ではどう報じられたか。翌2月7日の朝刊各紙を調べてみた。

 前回のコラムで書いたように、タブロイド紙に大々的に掲載されたネタが一般紙でも報じられるのか。またはどう報じられたか。その読み比べでネタを「測る」ことができる。

 産経新聞は「辻元氏に外国人献金」「規正法抵触 国対委員長は辞任せず」と政治面の約半分を使って報じたが「韓国」はとくに立たせていない。

 朝日、読売、毎日、東京、日経の5紙は政治面や社会面でベタ記事として報じていた。ここでも「韓国」「レーダー照射」との関連は書いていない。

 たしかに、《男性が13年5月に「寄付金は外国籍の方からはできません」と記された振込用紙を使って1万円を寄付していたことが発覚》(朝日2月7日)という単純ミスを知ると、「辻元氏や立民がレーダー照射問題などを取り上げない『韓国スルー』」(夕刊フジ2月6日)とはおそらく(というかまったく)関連性がないことがわかる。

 私は昨年末にあるマスコミ人に聞いた言葉を思い出した。「いま、保守派はロシアや中国や北朝鮮は叩けない。北方領土問題や米中経済摩擦や米朝会談で慎重なときだから、気持ちよく叩けるのは韓国しかない」と。

 その数日後にレーダー照射問題が起きた。なので興味深くその報道ぶりを追った。その間、首相や外相がロシアに苦戦する北方領土交渉という出来事もあった。

 保守派タブロイド紙の立場を考えると、韓国を連日一面に「せざるを得ない」流れだったのかもしれない。刺激的でわかりやすいタブロイド紙の論調だからこそ見えてくることもある。それは読む側の心理の反映でもあろう。

 そんなことも考えた、年末から続いた夕刊フジ「韓国一面祭り」であった。

(プチ鹿島)

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イチロー会見で雑なマスコミ露呈

    山本直人

  2. 2

    自民入党の鷲尾氏「限界感じた」

    鷲尾英一郎

  3. 3

    消費税増税分の84%は使途不明か

    田中龍作

  4. 4

    利益は上げず会社を憎む日本人

    橘玲

  5. 5

    日本を盗っ人と呼ぶ韓国は卑劣

    PRESIDENT Online

  6. 6

    やる気ないオジサン会社員の胸中

    城繁幸

  7. 7

    高須院長 大阪W選の自共に苦言

    NEWSポストセブン

  8. 8

    Googleマップ ゼンリンと決裂か

    NewsInsight

  9. 9

    イチロー引退試合は茶番ではない

    森山たつを / もりぞお

  10. 10

    文大統領が外交儀礼で大ミス連発

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。