記事

「週刊新潮」の記事について。

 4月2日(月)午後、週刊新潮の重松厚至(しげまつあつし)記者の取材を受けました。4月5日(木)発売の週刊新潮に記事として掲載されていますが、事実と誤認、脚色が組み合わさったおかしな記事になっているので訂正したいと思います。

 記者が匿名記事を一方的に公表する日本のジャーナリズムに対して、私は強い問題意識を持っているので、自分の記事に責任を持つべきという思いを込めて、私はいつも記者の名前を公表しています。

 この記事の何が事実ではないかというと、まず「自見庄三郎・金融・郵政改革担当相に公然と辞任を迫った」という部分と、「代表には、『官房長官と輿石幹事長を通じて自見氏を更迭すべきだと総理に伝えてほしい』と言いました」という部分です。辞任を迫ったのは私ではなくて亀井静香代表です。代表が3月30日(金)午後に官房長官と輿石幹事長に電話をして、「自見大臣を更迭すべきだと総理に伝えてほしい」と言ったのであって、私ではありません。つまり「代表には」ではなくて「代表は、『官房長官と輿石幹事長を通じて自見氏を更迭すべきだと総理に伝えてほしい』と言いました」が正しいのです。この要求は再度、4月2日(月)午後に代表が輿石幹事長に伝えています。

 それから「与党の幹事長にはそれなりの旨みがあるのでしょう。」という部分も創作です。そもそも私は「旨み」なんていう言葉を遣いません。取材を受けて記事を読むと、記者が本人のコメントと自分の創作を組み合わせて脚色記事を書く様子がよくわかります。週刊誌のこの種の記事の信頼性がどの程度なのか、一つの参考になると思います。

 「女を上げた」と私を褒めているのかもしれませんが、「先輩をバッサリ斬って」いないので、褒めていただかなくても結構です。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  5. 5

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  6. 6

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  7. 7

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  8. 8

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  9. 9

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  10. 10

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。