記事

「経済ヤクザ」という呼ばれ方をヤクザ当人が嫌う理由

ジャーナリストの溝口敦氏

「暴力団の資金源」は実に多岐に渡っている。いったい彼らはどのようにしてさまざまなサイドビジネスに手を伸ばしているのか。「ヤクザ取材」のエキスパート溝口敦氏(ジャーナリスト)と鈴木智彦氏(フリーライター)が明かす──。

鈴木:ヤクザの強みは、悪いやつらからもカネが引っ張れるところ。家庭用のソーラー発電が流行った時に、その発電機につけると電気代が永久に無料になる機械が出来たから、その会社に投資しているって有名な組長が言うんですよ。詐欺にしか思えないんだけど、「大学の先生の証明書がある」とか言ってその組長は何億も投じたんです。結局騙されていたんだけど、組長はその詐欺集団を追い込んで、被害額に何億も加えた金額を“落とし前”として奪った。こういうことは、ヤクザにしかできない。

溝口:もっとも、彼らは自分を騙す人間がいるわけないと思ってるから、よく騙されるんだよね(笑い)。

鈴木:暴排条例を逆手に取るヤクザもいます。俺の知り合いに大手メディアの株を買ったヤクザがいます。本来暴力団は株式市場に出入りできないはずなのに、その株を実際に手にすることができているわけですよ。で、「高値で買い戻せ」とその会社を脅した。「じゃないとお前のところの株を俺が持っているとバラすぞ。報道機関なのにいいのか」と言って、実際に高値で買わせたんです。ほんの数年前の話ですよ。

溝口:一部の賢いヤクザはまだ稼げていて、そういうシノギがうまいヤクザを「経済ヤクザ」と呼びますが、実はこの呼び名をヤクザ自身は嫌う傾向にある。

鈴木:嫌いますよね。武闘派の対義語なんですけど、「凶暴で九州中を震え上がらせた」みたいな表現はいくらでも許してくれるのに、「カネの力でのし上がった」という書き方には嫌悪感を示す。

溝口:ヤクザの本業とは何か。喧嘩なんです。喧嘩に勝てばカネが湧いてくる。暴力による恐怖を植えつけることで、一般人は震え上がってヤクザにみかじめ料を渡すんですから。それが今はなくなってしまっている。それが分かっているから、なおのこと経済ヤクザと呼ばれるのは嫌なんでしょう。

鈴木:山口組が分裂してから本格的な抗争をしていないことが、シノギをやりづらくしているのは事実です。血と抗争で積み上げたイメージを、分裂したのにお互いを黙認し合っている状態が台無しにしてしまった。抗争をしないヤクザは怖くないし、そこにカネは集まらない。

溝口:抗争すると警察に幹部まで逮捕されてさらにシノギがしづらくなるというのが彼らの言い分でしょうが、それはヤクザの本分からは外れている。カネが干上がって、ヤクザにとっては軽犯罪で刑務所にいるのが一番安全で飯にも困らないという時代がすでに始まっています。

鈴木:刑務所の中なら一番偉そうに振る舞えますからね(笑い)。

【PROFILE】
◆鈴木智彦(フリーライター)すずき・ともひこ/1966年北海道札幌生まれ。『実話時代』の編集を経てフリーへ。『サカナとヤクザ』(小学館)が話題に。最新刊は『昭和のヤバいヤクザ』(講談社+α文庫)

◆溝口敦(ジャーナリスト)みぞぐち・あつし/1942年東京浅草生まれ。早稲田大学政経学部卒。『食肉の帝王』で講談社ノンフィクション賞を受賞。『暴力団』『続・暴力団』(ともに新潮社)、『山口組三国志 織田絆誠という男』(講談社+α文庫)など著書多数

※週刊ポスト2019年2月15・22日号

あわせて読みたい

「ヤクザ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新幹線でのパソコン作業に唖然

    常見陽平

  2. 2

    れいわが野党共闘を変える可能性

    田中龍作

  3. 3

    高学歴な人がなぜ成功できないか

    内藤忍

  4. 4

    Netflixがもたらした画期的な点

    ヒロ

  5. 5

    理不尽に米国大使を批判する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    伊方原発めぐる司法判断を危惧

    赤池 まさあき

  7. 7

    AirPods Pro 不具合が続出した訳

    S-MAX

  8. 8

    オリラジ中田を起用したNHKの罪

    文春オンライン

  9. 9

    「スタバでMac」批判記事に呆れ

    かさこ

  10. 10

    「下着は白」ブラック校則の実態

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。