記事

大塚愛襲うSUの呪縛…生活費払わず離婚で電気ガス停止危機



「SUさんの不倫相手から嫌がらせを受け、大塚さんはひどく落ち込んでいました。しかし、最近の彼女は『今は娘のために頑張りたい!』と持ち前の明るさを取り戻し始めています。春には大規模なツアーもあり、前向きに暮らしています」(大塚の知人)

昨年11月、「RIP SLYME」のSU(45)との離婚を発表した大塚愛(36)。あれから3カ月、一人娘と再出発に向けて歩み始めている。そんな彼女に、前夫の“呪縛”が再び襲いかかっていた。

「最近、大塚さんの自宅に『電気とガスを止める』との通告が来たそうです。もちろん彼女がこれらを払えないというわけではありません。SUさんが支払うはずだったのですが、残高不足で引き落としできなかったのです。大塚さんは慰謝料や養育費はおろか、生活費も払えない彼に相当ショックを受けたみたいで……。ごく親しい人には『早くあの人のことを忘れて前に進みたいのに……』と悩みを打ち明けていたそうです」(前出・大塚の知人)

いっぽうのSUだが、再起の気配は見えない。1月には所属事務所を退社していたことが判明。さらに『FRIDAY』2月8日号ではジュエリーデザイナーとの復縁が報じられるなど、自由気まま。大塚の苦労も露知らず、放蕩ぶりに拍車がかかっているようだ。

「SUさんが事務所を辞めたことで、RIP SLYMEの復活は絶望的。また復縁した元カノと朝まで飲み歩くなど、いまだにやりたい放題です。最近では、お母さんが営む実家の居酒屋でバイトして生活費を稼いでいるようです。稼ぎを少しでも元妻と子どものもとへ渡すべきだと思うのですが……」(レコード会社関係者)

大塚が心から笑える日は果たしてくるのだろうか――。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  3. 3

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  4. 4

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  5. 5

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  6. 6

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  7. 7

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

  10. 10

    今でも続く「小池旋風」は東京都の必然だったのか - 吉田哲 (Wedge編集部員)

    WEDGE Infinity

    07月25日 16:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。