記事

「野田市の虐待児童対策会議に医師や教育現場の人間が入っていない」小4女児虐待死の問題点を元県警虐待担当者が指摘

1/2

千葉県野田市で10歳の女児が犠牲となる虐待事件が発生し、県警が父親を傷害容疑で逮捕した事件。市の教育委員会は暴行を訴える女児のアンケートを父親に提供していた。昨年春まで計25年間、千葉県警で子どもの虐待事案に携わり、現在は県児童虐待対応専門委員を務める少年問題アナリストの上條理恵氏がこの事件における問題点を指摘する。

共同通信社

虐待児童対策会議への参加機関が今年度から半分以下になっていることに衝撃

今回の事件を引き起こした問題は何か。ひと言で言えば、関係機関の連携不足です。各市町村には、要保護児童対策地域協議会(以下要対協)が存在し、児童相談所、市役所家庭児童相談室などの児童福祉関係者、教育委員会、医療機関、警察署などが参加し、ハイリスクな家庭や支援が必要だと思われる子どものケース対応などについて話し合います。

代表者会議は年に2~3回、また、担当者(実務者)会議は毎月開催されています。ところが、野田市の要対協への参加機関数をみると、2017年度に見直しが図られ激減。野田市の児童家庭課によると、17年度に26機関(42人)だった参加機関は18年度に9機関(18人)と4割になっています。


緊急のケースの場合、警察に通報があり保護することで、児童相談所に通告することが可能です。当初の運営方法見直し案の段階では、警察が実務者会議から外されていたことを見てその認識の甘さに衝撃を覚えました。

また、18年度の実務者会議のメンバーをみてみますと(参考:http://www.city.noda.chiba.jp/shisei/shingikai/1008854/1010064.html ※年度途中で変更あり)、18人中、柏児童相談所から5名、警察関係者1名、教育委員会が2名、あとはほぼ市役所の関係者です。会議の中でケースとして挙がってくる子どもが所属している幼稚園や小学校・中学校など、日ごろ実際に子どもと関わっている関係者が全く出席していません。また、医師や歯科医の参加もありませんので、多角的な視点からの被虐待児童の発見も期待できません。

現実的な子どもの実態を把握できる関係者が不在の中、学校を長期間欠席している、保護者に連絡がつかない、子どもの顔や体にあざなどがあるといった具体的な話し合いがなされていたのかは甚だ疑問です。

「一時保護は原則2ヶ月以内に帰宅」ルールに縛られた児童相談所

今回の事件では、「なぜ児童相談所は一時保護を続けずに自宅に帰したのだ」と疑問に思う方も多いかもしれません。

実は、厚生労働省の「児童相談所運営指針の改正について」の中に、児童を一時保護したときは、2ヶ月以内に帰宅させなければならないということが記載されています。

2.一時保護の期間、援助の基本
(2) 一時保護の期間は2ヶ月を超えてはならない。
(児童相談所運営指針の改正について第5章 一時保護)
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/dv-soudanjo-kai-honbun5.html#section01

ただ、この項目については、以下のようなただし書きが続きます。

ただし、児童相談所長又は都道府県知事等は、必要があると認めるときは、引き続き一時保護を行うことができる。

今回の事件も、「父とは一定期間会わせず親族宅での生活」という条件付きで、1ヶ月半で一時保護を解除したわけですが、児童相談所がこの原則の内に女児を養育者のもとに帰そうという動力が働いてしまったのではないでしょうか。結果的に、法律改正により児童相談所の動きが悪くなったとしたら、それは、あまりにも悲しすぎます。

あわせて読みたい

「野田市の女児虐待死事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  2. 2

    宮迫の闇営業弁明に関係者「嘘」

    SmartFLASH

  3. 3

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  4. 4

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  5. 5

    噛む力失う? 歯列矯正に潜む危険

    幻冬舎plus

  6. 6

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  7. 7

    日韓世論で温度差 相手国の印象

    WEDGE Infinity

  8. 8

    HUAWEI 米制裁で予想以上の打撃

    ロイター

  9. 9

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  10. 10

    百恵さん 素顔撮影で復帰に期待

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。