記事

「怒りの炎が消えることはない」亀岡暴走事故で妊娠中の娘を奪われ、それでも犯罪加害者の支援に踏み出した父の苦悩

1/2

京都府亀岡市で2012年、保護者に付き添われ登校中の小学生の列に後ろから来た軽自動車が突っ込み、3人が死亡、7人が重軽傷を負う交通事故が発生した。逮捕されたのは当時18歳の少年で、無免許の上、仲間と夜通し遊んでいたことによる居眠り運転だった。


 この事故の犠牲者の1人で、妊娠7か月だったのが中江幸姫さん(当時26)の父・美則さん(55)は、この日以来"怒り"を原動力に生きてきた。しかしそんな中江さんは去年、娘の7回忌の日を境に、犯罪加害者の更生を支援する取り組みを始めた。12日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、悩みながらも前例のない活動を始めた被害者遺族の姿を取材した。


■怒りが原動力だった 

 「大事な娘を殺されたんだから、復讐だ。被害者の名前はどんどんテレビに出るのに、加害者の名前は出てこない。18歳であるからといって」。事故当時は、更生・保護を図るという「少年法」の理念に基づき、原則として加害少年の特定に繋がる情報が公にされることはない現実に対し怒りを露わにしていた中江さん。量刑の重い「危険運転致死傷罪」の適用を求めて署名活動を行い、24万人分の署名が集まった。国会議員を前に「審判の日、手に届くところに犯人がいるわけですね。全く一礼もなく。ボールペンを握りしめて、刺しそうになる瞬間が」と訴えたこともある。


 ところが検察側は、少年の居眠りによる過失が原因として「危険運転致死傷罪」での起訴を断念した。中江さんは「無免許運転」の厳罰化を求め、谷垣法務大臣(当時)にも直接訴えた。「加害者に対して人権とか更生とかそういうふうな導きがあるんなら、被害者は、僕らはこれからどういうふうに生きていったらいいのかって法務大臣にお伺いした」。


 この頃の中江さんを動かしていたのは怒りだけだった。「僕らの娘を奪った人間は、お巡りとすれ違う時はシートベルトをちゃんとしていた。悪知恵を働かす技能だけは有る。これが少年法でなぜ守られなあかんねんって…」。しかし少年への判決は、懲役5年以上9年以下の不定期刑。今も納得はいかないというが、その思いは法律を変えることに繋がった。


 翌年、中江さんは被害者遺族の会「古都の翼」を設立、講演などを通して悪質運転撲滅の啓発を行った。そうした活動が結実し、同年11月には無免許事故の罰則は強化され、自動車運転死傷行為処罰法(最高刑・懲役15年)が成立した。しかし無免許そのものが危険運転致死傷罪の要件に加えられることはなかった。中江さんは「正直、不十分だと思っている。それでもこの子らが犠牲となって法律を動かしたんやなって。"すごいな、幸姫すごいな!、お前らすごいことしたんやで"って」と語っていた。


■刑務所で講演も「自分は被害者感情が剥き出しやし」

 同時に、「怒り」だけが原動力だった中江さんに、少しずつ変化も訪れていた。

 事故や事件で理不尽に命を奪われた人の写真と遺族の思いを寄せた人型のパネルと人生を象徴する靴、そして犠牲者が今も家族と共に生きて時を刻んでいることを表す時計が針を進めるという展示を並べた「生命のメッセージ展」に参加することにした。


 当初は"お墓に入れてしまうことになるんじゃないかという気がして"と、参加に抵抗もあったという中江さんだが、「同じ無念の死で苦しんで彷徨っておられる方が、メッセンジャーとして旅立ち活動をしている。そこに混ぜてもらえれば、本人としてもやりがいのある場所になるんじゃないかなと」。少年院で開催されたこのメッセージ展を見た少年たちからは、たくさんの折り紙の鶴も届いた。中江さんは命の尊さを伝えるため、積極的に参加するようになっていった。


 それ以外にも、中江さんは「古都の翼」の悪質運転撲滅の啓発活動を続けてきた。車の自動運転システムの技術を開発する会社での講演では、「やっとの思いで駆けつけた病院で、医師が脇腹から手を入れて心臓を動かしておられた。足が前に動かなかった。"動いてくれと"握ったこの手の温もりを今も忘れることはできません」と語る中江さん。しかし、「悪魔は何度も何度も無免許を繰り返し」と語気を強めて話すなど、加害少年への怒りは決して消えることがないという事実も印象づけた。


さらに先週には、主に窃盗や薬物の罪を犯した約1000人の受刑者が収容されている京都刑務所(京都市)でも講演を行った。事前の打ち合わせで中江さんは「自分は被害者感情が剥き出しやし。けど自分の言葉でしか伝えることができひんし」と複雑な胸の内を明かす。首席矯正処遇官の河田武人さんは「被害者遺族の方が受刑者に直接話をするというのは当所としては初めてになる。だから、彼らにとっても響くものがあるのではないかなと」と期待を込めていた。


■「遺族も社会復帰をしないといけない」元受刑者の社会復帰支援も

 中江さんの活動はそれだけではない。去年、長男の龍生さんと共に、元受刑者などの社会復帰を支える「犯罪更生保護団体ルミナ」を設立した。主に休日を利用し、身体の不自由な人の自宅に手すりをつけるなど、中江さんがもともと働いていた建設業の手助けを行っている。

あわせて読みたい

「無免許事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  2. 2

    山本太郎氏 NHK報道に「ひどい」

    キャリコネニュース

  3. 3

    宮迫会見で記者は圧力に屈したか

    孝好

  4. 4

    参院選 野党の惨敗は当たり前

    青山まさゆき

  5. 5

    れいわ難病患者当選で政界に風穴

    田中龍作

  6. 6

    芸能界の圧力問題に無責任なTV局

    新井克弥

  7. 7

    徴用工で対抗? 河野氏が「誤解」

    河野太郎

  8. 8

    前作を超えなかった「天気の子」

    諌山裕

  9. 9

    自民が過半数獲得も改憲は白紙か

    猪野 亨

  10. 10

    自民重鎮 丸川氏を都知事候補に

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。